【卓球】カーブドライブの返し方!うまく返せない時の対処法3つ

どうも、卓球好きしゃちょ~です^^

カーブドライブを打たれた時に
上手く返せなくて困ったという経験はありませんか?

カーブドライブは横回転が入っているので、
横回転に影響されてボールが
直線的に飛んでいかず横に飛び出すようになってしまうため
思い通りにコントロールして返すのが
普通のドライブよりも難しいですよね。

そこで、今回はカーブドライブの返し方の
コツについて3つほ紹介して行きたいと思います。

 

 

【卓球】カーブドライブの返し方!うまく返せない時の対処法

 

巻き込むようにドライブを打つことで
ドライブに横回転を加え
大きく曲げるカーブドライブは
打たれた時返すのが難しいと感じている人も多いみたいですね。

カーブドライブには横回転が入っているので
横回転サーブのように
普通に当てると回転の影響を受けて
ボールが思わぬ方向に飛んでいってしまう
ということになりやすいんですね。

で、カーブドライブをうまく返せないという場合は
次に3つ対処法を紹介しますので、
参考にしてカーブドライブをうまく返せるように練習してみてください。

 

1,横回転に角度を合わせて返す

 

カーブドライブには横回転が入っているので
横回転の影響を受けないように
ラケットの角度をつくって
ブロックをすることが重要です。

右利きの選手が打球したカーブドライブは
自分から見て右方向に大きく曲がっていくので、
ラケットの角度を普通にブロックするよりも
手首を内側に曲げて少し回転を逃がすようにしたり、
逆に手首を少し開いて逆回転をかけるようにして
うまく横回転の影響を減らして
返球するようにしましょう。

 

2,カーブドライブをかけ返す

 

カーブドライブが打てる場合は
カーブドライブをカーブドライブで返すというのが有効です。

・【卓球】カーブドライブ(曲がるドライブ)の打ち方

カーブドライブで打ち返すことができれば
もともとの横回転に逆らわないので、
返しやすいですし、
逆に相手のカーブドライブの回転を利用した
上書きカーブドライブを打つことができます。

ちなみに、カーブドライブで打ち返す場合には
打点を少し落として打つと
コントロールがしやすいですね。

 

3,ボールのバウンド直後を捉えて返す

 

カーブドライブを打たれた場合に
最もボールが曲がらない瞬間は
台にバウンドした直後となるので、
このボールの変化が最も小さい
バウンド直後を捉えられるようになると
カーブドライブの返し方の
レパートリーが増えるかと思います。

カーブドライブの場合バウンドからボールが伸びてしまうと
大きく曲がっていくため遠くに行ってしまうので
返しづらくなってしまいますし、
仮に返せたとしても大きく動かされて
相手にチャンスを与えてしまうことになりかねないので、
ボールの変化が小さいバウンド直後を捉えて
ブロックやカウンターをしていくのもアリですね。

 

まとめ

 

今回はカーブドライブの返し方のコツを3つほど
紹介しましたがいかがだったでしょうか?

カーブドライブは打たれた場合、
返すのにちょっとしたコツが必要ですが、
慣れてくれば自然と返せるようになると思います。

また、カーブドライブの返球率を上げるためには
相手に万全な体勢で打たれないようなレシーブをしたり、
自分の動きを読まれないようにしたり
動き出しを速くしたりというような事も
大切になってくるので意識してみてください^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください