【卓球】カーブドライブ(曲がるドライブ)の打ち方のコツ!

どうも、卓球好きしゃちょ~です^^

カーブドライブを思いっきり相手にかけられて
取れなかったという経験をしたことがある人は
結構たくさんいるのではないでしょうか?

なので、カーブドライブが使えれば
強力な武器になると思うんですが、
カーブドライブを練習しても
なかなか思ったようにドライブが曲がらない
と悩んでいる人も少なくないようです。

そこで、今回はカーブドライブ(曲がるドライブ)の
打ち方のコツについてご紹介していきたいと思います。

 

 

カーブドライブ(曲がるドライブ)の打ち方のコツ!

 

カーブドライブを打つためには
まず基本のドライブが打てるという前提が必要なので、
もし、まだ基本のドライブが安定して打てない
という場合にはまずは基本のドライブから
練習していくようにしてくださいね^^

・【卓球】ドライブの打ち方!初心者でもドライブを台に突き刺す3つのコツ

 

で、基本のドライブが打てる方であれば
カーブドライブも比較的簡単に習得することが
できるはずなのですが、
カーブドライブの打ち方のコツは
たった1つだけになります。

それはラケットの角度なんですが、
普通のドライブはラケットを少しかぶせ気味にして
スイングをしていくと思うのですが、
カーブドライブの場合は
普通のドライブの角度にプラスして
手首を内側に曲げて打つ必要があります。

こうすると、自然とボールの外側を捉えるようになるので
横回転が加わったカーブドライブが打てるんですね^^

・うねるカーブドライブの打ち方【動画】

 

手首を内側に入れてドライブをすると
自然と曲がるカーブドライブになるのですが、
どれくらい手首を曲げたら良いのかは
実際に打ってみないと感覚が掴めないと思いますので
多少練習は必要になるとおもいますが、
ボールが曲がるようになってくれば
曲がる量なんかも調節できるようになるはずです。

 

カーブドライブを使うと効果的な場面

 

ここまでは、カーブドライブの打ち方の
コツについてご紹介しましたが、
カーブドライブはむやみやたらに使うのではなく
ポイントを絞って使う方が効果的だと思いますので、
どんな場合にカーブドライブを使えば
効果的なのかということについて
いくつか例をあげてみたいとおもいます。

 

1,フォア側に大きく振られてしまった場合

 

カーブドライブはフォア側に大きく振られたような場合に
実は結構打ちやすいので、
フォア側に大きく振られた時に
思いっきりカーブドライブをするというのはアリだと思います。

多少打点が下がってしまったとしても
カーブドライブであれば、
横回転がかかっていて取りづらいボールになので、
カーブドライブを起点にして
そこから不利な状況を挽回していけるという
可能性も高くなりますよ。

 

2,回り込んでストレートを狙う時

 

回り込んでストレートにドライブを打つ場合に
カーブドライブをかければ
より大きく台から逃げるようなボールになるので
効果的なカーブドライブになると思います。

 

3,ドライブの引き合いになった時

 

ドライブの引き合いになった時にカーブドライブを打てば
相手を大きく動かすことができたり、
タイミングを外すことができるので
引き合いの中でカーブドライブを
織り交ぜていくというのはかなり効果的だと思います。

 

4,相手のドライブをカウンターする時

 

相手のドライブをカウンターする場合に
カーブドライブをすることができれば
これもかなり効果的です。

ただ、カーブドライブでのカウンターは
結構上級者向けの戦術だと思いますが、
カウンターの打球感がある人であれば
少し練習すればできるようになると思います。

 

まとめ

 

今回はカーブドライブ(曲がるドライブ)の打ち方のコツや、
カーブドライブを使うと効果的な場面についてご紹介しました。

普通のドライブができるようになったら、
ぜひ曲がるカーブドライブも習得できるように
練習してみて欲しいと思うのですが、
カーブドライブは手首を内側に曲げるだけで
あとは普通のドライブと同じ要領でできるので
ぜひカーブドライブを習得してみてください^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください