【卓球】最新ドライブフォーム!プラボールでも威力速さ回転を出せる!

どうも、卓球好きなしゃちょーです^^

今回はプラボール対応の最新のドライブの
フォームについてご紹介していきたいと思います。

セルロイドからプラスチックボールに移行して

「ドライブに威力がでなくなった…」
「ドライブに回転がかからなくなった…」

と感じている方も少なくないと思いますが、
実は世界のトッププレイヤーのドライブの打法を見てみると
プラスチックボールに対応させて、
威力と速さの両立をできるフォームを
使っていることがわかったんです。

ということで、今回はプラボール対応の最新ドライブフォームについて
ご紹介していきたいと思います。

 

 

プラボール対応の最新ドライブフォーム

 

さて、これまでの一般的なドライブの打ち方といえば、
右足に体重をかけて体を大きくひねりバックスイングを取り
ボールを待ってドライブを打つという打法が主流でした。

・【卓球】ドライブの基本的な打ち方!

しかし、プラスチックボールに移行すると
この打法では打点が遅くなるためボールに威力がでなくなり、
また、ラリーで振り遅れてしまう事が増えてしまうために
トップ選手の中ではドライブのフォームが変化しているようです。

では、どのように変化してきているのかというと、
バックスイングを小さく取り肩を前に出すようにして
打球するようになってきているということなんですが、
肩を前に出すようにしてドライブを打つようにし
体の前でのラケットの動きを大きく取るように打つと
プラスチックボールの場合ドライブにスピードと回転がのった
強烈なドライブを安定して打つ事ができます。

ちなみに、体重移動等はこれまでと同じイメージでかまいませんが、
(打法を変えて打つ中で微調整していくと良いと思います)
これまでのように足で体重移動をしっかりして
ボールを待って打つフォームでドライブを打つよりも
肩を前に出すようにして打球した方がドライブのスピードと回転を
出すことができるんですね。

また、体重移動をほとんどしなかったとしても
ボールに威力と回転がのったドライブを打つことが出来るので
多少不十分な体勢でドライブを打った場合でも
ドライブをしっかりと相手コートに入れることができ
ドライブの打ち合いにも強くなれると感じました。

ぜひ皆さんも最新のドライブ打法にチャレンジされてみてくださいね^^

 

なぜ、肩を前に出す打ち方だと威力と速さの両立ができるのか

 

さて、ここまではプラボールに対応した
ドライブのフォームについてご紹介しましたが、
この打法で打つとドライブの速さと威力、回転が
すべてワンランクもツーランクもアップしてしまいます。

まず、バックスイングを小さく取るために
振り遅れてしまうということが少なくなりますし、
早い打点でボールを打球することができるので
ボールにスピードが乗りますし回転もかかりやすいです。

さらにいうと、早い打点で捉える分
コースを打ち分けた時に相手から同じようなフォームで
打ってくるように見えるため、
ドライブの威力が上がるだけでなく
相手からすると「どこに打ってくるのか分からない」という
コースが読まれにくいドライブを打つことができるのです。

 

また、右足から左足というような体重移動を
それほど取らなくても肩を前に出してドライブを打てば
自然と体の前でのラケットの動きが大きくなり
ボールを前に飛ばす力が自然と生まれている状態になるため
相手のボールに打ち負けてしまう事も減るでしょうし、
コンパクトなスイングでしかも早い打点のドライブを打てるため
先手を取りやすくラリー戦でも振り遅れることが少なく
早いラリー戦でもカウンタードライブを狙っていきやすくなると思います。

 

まとめ

 

今回はプラボールに対応した最新のドライブフォームについてご紹介しました。

まだまだこの打法を実践している選手は少ないと思いますが、
トップ選手ではほぼ全員がやっているので、
今後この打法で指導する指導者も増えてくると思いますが、
まだまだ知っている人が少ない時にこういった
プラボールに適した打法を知っていることができれば
大きなアドバンテージを得ることができるので、
ぜひすぐに練習に取り入れてライバルに差をつけると
試合で勝てるようになっていくでしょう^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください