【卓球】ドライブの打ち方!初心者でもドライブを台に突き刺すポイント

どうも、卓球好きしゃちょ~です^^

卓球の主戦技術といえば…

「ドライブ」ですよね!

ドライブが、

スカーン

と決まると爽快ですし、

引き合いともなると、
見ている方も楽しくなります。

が、卓球はドライブを安定して
打てるようになるまでが
結構大変なスポーツで…

練習しても練習しても
なかなかドライブが安定して打てない…

なんてことも少なくありません(^_^;)

で、どうしてドライブがなかなか
安定して打つ事ができないのか?
と考えてみた時に、

やはり、

ドライブの打ち方がよく分かっていない
のが大きな原因なのではないかと思います。

私も、ドライブを習得するまでに
時間がかかった方かなと思うんですが、

打てるようになったというきっかけは、
やはり打法を研究するようにして
最終的に自分の基準を持った事で
ドライブを迷いなく打てるようになったので、

今回は、私がドライブを打つ時に
意識しているポイントを
みなさんにシェアしていきたいと思います^^

人気記事

【卓球】ドライブの打ち方

ドライブの打ち方で大切なポイントには
どんなものがあると思いますか?

例えば、

  • しっかり下半身にためを作る事
  • 体全体をつかって打つ事
  • スイングスピードを出す事
  • 回転を意識する事

などなど、
いろいろなポイントが思い浮かぶと思いますが…

実は、こういった事すべてが重要なんですよね^^

なので、
ドライブを安定して打てるようになるには、
ドライブに必要なポイントを
すべて無意識的にできるようになる必要がある
ということを押さえておくようにしてください。

ただ、最初のうちは
全部一気に意識しようとしても難しいので、
1つずつポイントを意識して
ドライブを打っていくという感じで
良いと思うのですが…

最終的にはすべてのポイントを
無意識で出来ているようにする
という必要があるので、

今ドライブが安定しないという場合は、
特に頭で考えなくてもドライブが入る
というくらいまで練習をすることが大切です。

では…

ドライブを打つ手順や
ポイントを上げていきますね。

※右利きの場合を想定して書いていきますので
左利きの方は逆にして読み進めてください。

■ドライブを打つ手順

基本姿勢から腰を回すようにして
バックスイングを取り、
軸がぶれないように右足側に体重をかけます。

この時、フリーハンドは下がらないよう意識し、
ラケットを持っている腕は
肩甲骨にためるようバックスイングを引き、
下半身は腰からももの裏に体重をかけるようにします。

こうすると、

自然とラケットが体の少し後ろに来て
バックスイングが取れている状態になるので、

あとは、腰を回転させる力に連動させる感じで
ラケットを斜め上前方方向にスイングし
自分の右胸の少し斜め前くらいでボールを捉え、
左足にしっかりと体重移動させ、
ニュートラル(基本姿勢)に戻り次の打球に備えます。

ドライブの打ち方ってたったこれだけなので、

はじめはひたすら
多球練習などでドライブを打ち込んで
無意識でドライブが打てるようになるまで
フォームを固めていきましょう。

・【卓球】ドライブの打ち方のコツの動画

初心者でもドライブを台に突き刺すポイント

さて、
ドライブの打ち方は、
さきほど書いた通りなんですが、

初心者の方でも強烈なドライブを
打てるようになるポイントが
いくつかあるので、

ここからは、
これについて書いていきたいと思います。

■ポイント1・筋力

ドライブを安定して連打したり、
威力を出すために欠かす事ができないのが
「筋力」になります。

なので、実際にボールを打って
ドライブの練習をするのも大切ですが、
筋力アップにも取り組む事が大切です。

単純に筋力が上がれば上がるほど
卓球は有利になってくるので、
トップ選手を見ても体格が良かったり、
筋肉が鍛え上げられていますよね。

■ポイント2・前方方向へのスイングを意識する

ドライブはバックスイングも大切ですが、
プラボールになってからラケットを
前方方向へしっかりスイングして
ボールを打球しないと威力が出にくいので、

ドライブを打つ際は、
ラケットを前方方向へ気持ち大きめにスイングする
よう意識してみてください。

■ポイント3・用具

卓球は用具によっても大きく左右されるので、
ドライブ主戦型に限ったことではありませんが、
自分に合った用具を選ぶ事が上達への近道となります。

なので、いろいろな用具を試してみて、
自分に合った用具に出会えるようにしましょう。

まとめ

今回はドライブの打ち方について
書いてみましたがいかがだったでしょうか?

一度体にドライブの打ち方が
染み込んでしまえば、
ドライブはとても簡単に打てるのですが、
ドライブを習得できていないうちは、
難しく感じてしまうと思うので、

今回紹介したポイントを参考にして
ドライブを打つ練習をしてみてください。

ということで、
この記事があなたのお役に立てれば嬉しいです^^

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする