【卓球】ドライブの打ち方!初心者でもドライブを台に突き刺すポイント

どうも、卓球好きしゃちょ~です^^

卓球に欠かせない技術といえば…
「ドライブ」ですよね!

ドライブが決まると爽快ですし、
見ている方もドライブが決まったり
引き合いになっていたりすると盛り上がりますからね。

ですが、
ドライブが安定して打てるようになるまでって
卓球を始めたばかりの方からすると、
かなり難しいって思いますよね?

練習しても練習しても
うまい人みたいにドライブが入らず
悩んでいる人も少なくありません(^_^;)

そこで、
今回はドライブの打ち方について、
書いていきたいと思うのですが…

ドライブがなかなか上達しない理由の1つには、
そもそもドライブの打ち方が良く分かっていない
ということがあると思うからなんですね。

なんとなく、
ドライブっぽい打ち方はしているけど、
頭でポイントをちゃんと抑えられていないと、
実際ドライブを打つ時に適当になって
入らなくなってしまうというふうになりやすいです。

 

私は、ドライブを習得するまでに
時間がかかってしまった方だと思うのですが、
はじめにドライブの打法を研究して、
繰り返し練習することで、

「最低これだけは守って打てばドライブが入る!」

というレベルまで持って来れました。

 

なので、今回は、
私がドライブを打つ時に意識しているポイントを
みなさんにシェアしていきますので、
ドライブがなかなか入らなかったり、
打ち方が定まっていない場合は、
参考にしてみてください。

ドライブを覚えるために大切な事

 

まず、はじめに質問したいのですが、

あなたがドライブを打つ時に
絶対に守っている事はなんでしょうか?

たくさんのポイントを守っている人もいれば、
感覚で覚えていてうまく説明できない人もいれば、
あまり意識して何かを守っていない人もいると思います。

 

ドライブを打つ時は、

  • 下半身にためを作る事
  • 体全体で打つ事
  • スイングスピードを出す事
  • 回転を意識する事
  • 打点を下げすぎない事

というような事が大事と言われる事が多いですが、

やはり、
よく言われるだけあって、
こういったことを守らないと
良いドライブは打てないと思います。

 

なので、大前提として思っていて欲しいのが、

ドライブを安定して打てるようになるためには、
頭の中にドライブに必要な
ポイントをできるだけ多く入れ、

それらのポイントすべてを守った動作を
無意識に体が動くようになるまで
練習をやりこまなければならない

というふうに考えて欲しいです。

試合ではどうやってドライブを打つか…
という事を考えている暇がないので、
練習の時に完璧に近い動作になるまで
ひたすらドライブを打ち込んで
体に覚え込ませていくという感じです。

もちろん、最初は、
一気に意識したところでできないので、
1つずつでもいいのでポイントを意識して、
ドライブの打ち方を覚えていく
というような感じで大丈夫です。

 

【卓球】ドライブの打ち方

 

では…

ドライブを打つ手順や
ポイントを上げていきますが、
一定のポイントにロングボールが飛んで来るのを
ドライブで打ち返すのを想定して書いていきます。

※右利きの場合を想定して書いていきますので
左利きの方は逆にして読み進めてください。

ドライブを打つ手順方法

 

  • STEP.1
    基本姿勢からバックスイングを取る

     

    ドライブを打つ前に、
    まずは基本姿勢ができているか確認しましょう。

    基本姿勢が崩れてしまっていると、
    安定感のないドライブになってしまうので、
    基本姿勢はしっかり意識してくださいね。

     

    基本姿勢ができたら、
    飛んでくるボールに対して、
    バックスイングを取っていくのですが…

     

    バックスイングを取る際は、
    腰をしっかり安定させ、
    軸がぶれないようにする事が大切です。

    腰を回転させながら右足に体重をかけていき
    体制が低くなるよう少し体を沈みこませます。

    フリーハンドは体のバランスが取れるよう使い、
    ラケットハンドは肩甲骨にためるよう
    バックスイングを引くようにしておきます。

  • STEP.2
    飛んでくるボールをドライブする

     

    飛んでくるボールに対して
    しっかりバックスイングが取れたら、
    スイングしてドライブをするのですが、

    ドライブを打つ時に大切なのが、

    1. 打点
    2. インパクト
    3. スイングスピードと方向
    4. ラケットの角度
    5. 体重移動
    6. 体の軸の安定

    になります。

    打点は自分の体の斜め前を意識し、
    体よりも後ろにならないようにしましょう。

    インパクトの瞬間は、
    ラケットのスイングスピードが
    最も速くなるよう前腕と手指に力を
    入れるようにしてスイングスピードを出し
    強いインパクトが出せるようにします。

    また、ラケットの角度はややかぶせ気味にし
    斜め上方向に向かって自然にスイングし、
    顔の前あたりで止める感じで
    コンパクトにスイングすると良いですね。

     

    そして、ドライブをスイングしたら、
    重心が右足から左足に変わっていくので、
    しっかり体重移動を行えるようにし、
    左下半身で体重を受け止め、
    ニュートラルへ戻ります。

    よく、体重移動が不十分で、
    左足がつっぱってしまい、
    スイングが止まってしまったり、
    戻りが遅くなってしまうケースがあるので、
    下半身はサボらないで動かす事が大切です。

     

    また、慣れてくると、
    多少体の軸がぶれたとしても、
    補正をかける事ができるようになりますが、
    はじめは補正をかける感覚がないので、
    体の軸をぶれないようする事を意識してください。

  • STEP.3
    イメトレ&練習

     

    ここまでのポイントを意識しながら、
    イメージトレーニングをしたり、
    実際にドライブの練習をして、
    理想のドライブを手に入れましょう^^

初心者でもドライブを台に突き刺すポイント

 

さて、
ドライブの打ち方は、
さきほど書いた通りなんですが、

初心者の方でも強烈なドライブを
打てるようになるポイントが
いくつかあるので、

ここからは、
これについて書いていきたいと思います。

 

ポイント1・筋力

 

ドライブを安定して連打したり、
威力を出すために欠かす事ができないのが
「筋力」になります。

なので、実際にボールを打って
ドライブの練習をするのも大切ですが、
筋力アップにも取り組む事が大切です。

単純に筋力が上がれば上がるほど
卓球は有利になってくるので、
トップ選手を見ても体格が良かったり、
筋肉が鍛え上げられていますよね。

 

ポイント2・前方方向へのスイングを意識する

 

ドライブはバックスイングも大切ですが、
プラボールになってからラケットを
前方方向へしっかりスイングして
ボールを打球しないと威力が出にくいので、

ドライブを打つ際は、
ラケットを前方方向へ気持ち大きめにスイングする
よう意識してみてください。

 

ポイント3・用具

 

卓球は用具によっても大きく左右されるので、
ドライブ主戦型に限ったことではありませんが、
自分に合った用具を選ぶ事が上達への近道となります。

初心者のうちは自分が使いやすいと
思う用具をメインに使っていき、
技術レベルが上がっていくにつれて
威力や回転が出せる用具に変更していくと良いと思います。

DVDレベルアップ卓球 科学・技術・練習で必ず上達! [ 松下浩二 ]

感想(4件)

 

まとめ

 

今回は、ドライブの打ち方について
ご紹介しましたがいかがだったでしょうか?

ドライブがガンガン打てるようになると、
一気に卓球のプレーのレベルが上がって
楽しく卓球できるようになるので、
ドライブが苦手だったり、
打ち方が良くわからないという方は
ぜひ参考にしてみてください。

ということで、
この記事があなたのお役に立てれば嬉しいです^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください