卓球が強くなるために必要な筋肉はどこ?おすすめの筋トレメニュー

どうも、卓球好きしゃちょ~です^^

卓球は筋力がなくてもできるスポーツ…
と思いきや実際は筋力があるのとないのでは
違ってきてしまうスポーツなんですよね。

なので筋力トレーニングをする事はとても大切なのですが、
限られた練習時間では十分に筋トレをする時間を確保することが
できないという場合が多いのではないでしょうか?

そこで、今回は卓球が強くなるために
必要な筋肉はどこなのかということについて考えつつ、
卓球に必要な筋肉を効率的に鍛えるために
私が実践している筋トレメニューを
公開していきたい思います。

 

 

卓球が強くなるために必要な筋肉はどこ?

 

卓球は筋力がそこまでなくても出来るスポーツですが、
筋力があったほうがより楽しくなるスポーツだと思います。

筋力があればよりパワーのあるボールを打つことができるようになりますし
戻りも速くなるので速いラリーに対応できるようになりますし、
フットワークが速くなれば届くボールが増えるなど
筋力があればこそという部分が数多く卓球にはあります。

実際、卓球のトップ選手の肉体を見てみると
筋肉がものすごくついていますよね。
なので、卓球が強くなるためには筋力を
鍛えていくことが重要なことがわかりますよね。

 

なので、筋トレが苦手とか嫌いといって
筋力を鍛えることを怠ってしまうと
自分自身で卓球で強くなるための可能性を
なくしていってしまうことになってしまうので
こうしたネガティブな考え方は
できるだけしないようにしていきましょう。

 

では、卓球が強くなるために必要な筋肉は
どういった部分なのかということなんですが、
結論からいってしまうと、
ボールを打球する時に使う筋肉と
フットワークで使う足の筋肉となります。

なので、卓球が強くなる筋トレとは、
これらの卓球に必要な筋肉を鍛えるようにするということになりますね。

もちろん、時間が十分にあれば
腕立て伏せや腹筋、背筋、スクワットなどの
筋トレメニューもしていくと良いと思いますが、
練習時間がそれほど多くないという場合は
ボールを打つ練習の中に筋トレ要素を盛り込むことで
効率的に卓球に必要な筋肉を鍛えていくことができると思いますので、
次に、私が実践しているボールを打球する時に使う筋肉と
フットワークで使う足の筋肉を
鍛えるためにおすすめの筋トレメニューを解説していきます。

 

卓球に必要な筋肉を鍛えるおすすめの筋トレメニュー

 

卓球に必要な筋肉は

  1. ボールを打球する時に使う筋肉
  2. フットワークで使う足の筋肉

なんですが、
この卓球に必要な筋肉を鍛えるために
私が実践している筋トレメニューは
とにかく多球練習でボールを打ちまくるという方法です^^

私は基本的にフォアハンドドライブとバックハンドドライブを
卓球マシンを使ってやっているのですが、
1球1球の間隔をできるだけ速くして
10ダース分くらい打ち込むとかなりハードで、
筋トレをした時以上の疲労感があります。

で、こういった筋トレを1日に30分ずつでも良いので
やっていくと確実にボールを打球する時に使う筋肉を
鍛えることができます。

また、フットワークで使う足の筋肉を鍛えたい場合は
この多球練習にフットワークを付け加えるようにしています。

※マシンがない場合は誰かに球出しをしてもらいましょう。

 

ちなみに、はじめは同じコースで打球していくようにして
段々とフットワークや切り替えなどを
盛り込んでいくようにすると良いですね。

いきなり、ハード過ぎるメニューをこなすのは無理があるので
無理ない範囲で実践していき、
筋力がついてきたらもっとハードにしていく
というようにしていくと挫折しにくくなると思います。

また、フットワークで使う足の筋肉は
ランニングなどで鍛えることができるので、
時間を作って足の筋肉を鍛えるようにします。

 

まとめ

 

今回は卓球が強くなるために必要な筋肉はどこなのか
ということと卓球に必要な筋肉を鍛えるために
おすすめな筋トレメニューについてでした。

速いスピードで多球練習をすればボールを打つために
必要な筋肉が鍛えられるだけでなく
ボールを打ち込むことでボールタッチがよくなったり
決定率がよくなったりするという効果もあるので
筋肉を鍛えながら卓球の技術力も向上させられるので
かなり練習効率がよくなるのではないかと思いますので
よければあなたの練習の参考にしてみてください^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください