【卓球】私がメンタルトレーニングしない理由!メンタルを鍛えるのは無理

どうも、卓球好きしゃちょ~です^^

 

 

 

卓球というと、
メンタルのスポーツとよく言われますよね??

 

 

 

 

試合で負けたのはメンタルで負けたから

 

 

とか、

 

 

メンタルが弱いから本来の力を試合で出せなかった

 

 

というような話は、

 

 

卓球をしていると事あるごとに
耳にするフレーズかと思います(笑)

 

 

 

 

で、おそらく、
これは間違いではないと思います。

 

 

 

 

思うんですが…

 

 

私はメンタルというのはそこまで重要ではない
という風に考えているんですね。

 

 

 

一般的にはメンタルこそが重要と言われますが、
私はメンタルというものをそこまで重要視していませんし、
実際メンタルトレーニングというものを
今では全くと言っていいほどやることがないんですね。

 

 

 

で、どうして、
私はメンタルトレーニングをしないのか

 

 

 

この理由について
今回はみなさんにシェアしていきたいと思います^^

 

 

【卓球】僕がメンタルトレーニングしない理由!メンタルを鍛えるのは無理

 

 

 

「あなたはメンタルトレーニングをして
メンタルを鍛えることができたと思いますか??」

 

 

 

この問いに迷いなくYESと答えられた方は、

 

 

きっと試合で緊張したりすることなく
練習通りのプレーがいつもできていることと思います(笑)

 

 

 

 

でも、100%そんなことってあり得ませんよね??

 

 

 

 

トップ選手だって

 

 

「試合になると緊張する」

 

 

と言っているくらいなので、

 

 

 

メンタルをどれだけ鍛えようとしたとしても
それは暖簾に腕押しの状態になってしまう
ということを意味しているのではないでしょうか?

 

 

 

 

僕のメンタルに対する考えは、

 

 

メンタルを鍛えるのは不可能である

 

 

ということなんですが、

 

 

 

つまり、

 

 

メンタルを鍛えようとしても
メンタルは鍛えられるものではない

 

 

と思うんです。

 

 

 

 

私もメンタルを鍛えるべく
メンタルトレーニングをした事はありますが、
それによってメンタルが鍛えられたかといえば
はっきりとYESとは言えないんですね(^_^;)

 

 

 

もしかしたら、効果があったのかもしれないし、
効果がなかったかもしれないという感じで
かなり曖昧な印象しかないんです。

 

 

 

 

それよりも、
基本技術の精度を高めたり、
試合でやることとやらない事を決めたり、
筋力トレーニングをし動きのキレを高めたり…

 

 

というように、
実際試合で使う事にフォーカスを当てて
卓球をするようになってから、
思い通りのプレーが出来る回数というのが
増えてきたように思います。

 

 

 

 

つまり、一般的に言われるメンタルが強い人の卓球に
近づいていったということになるんですね。

 

 

 

 

これはあくまでも個人的な経験なので、
万人に当てはまることではないのかもしれませんが、

 

 

 

メンタルを鍛えるよりも、
「実力」を鍛えることにフォーカスした方が
結果的にメンタルが強くなると思うんです。

 

 

 

 

だって、しっかりとした実力があれば
自信がなかったとしても
良いプレーすることができてしまうわけですからね(笑)

 

 

 

逆にいくら、メンタルを鍛えたとしても
正しい打法をみにつけていなければ
ボールを相手コートに狙い通り返すことはできませんし、
速く動ける体づくりをしていなければ
ラリーについていくこともできませんよね。

 

 

 

 

でも、
正しい打法を無意識でボールに反応できるレベルで
身につけることができていれば
どんなボールが来ても返すことができるわけですし、
筋力を鍛えていれば速いラリーにもついていけますし、
強打した時の決定力も上がりますよね。

 

 

 

 

つまり、何がいいたいのか?
というと…

 

 

 

メンタルを強く持っていられるかどうかは、
自分の実力次第ということです。

 

 

 

自分の卓球にどれだけ自信があるのか?

 

 

 

この自信の割合が10%の人もいれば
50%の人もいるし、80%の人もいるわけです。

 

 

 

で、自分の卓球に対して持っている
自信の割合が高くなれば自然と自信を持って
プレーすることができるようになるので
一般的にメンタルが強い人のプレーが出来るようになる
というのが私の考え方になります。

 

 

 

 

メンタルの強さを「精神力」という
目に見えない曖昧なものに当てはめてしまうと、
非常に難しくなってしまうんですが…

 

 

 

「技術力・筋力・知力」というように
はっきりと認識できるものにフォーカスを変え
この部分を徹底して鍛えるようにして
自分の卓球に自信を持てるように
していった方がメンタルが強くなるのかもしれません。

 

 

 

ということで、最後に言いたい事をまとめると…

 

 

 

メンタルトレーニングをするなら、

 

 

  1. 正しい打法を身につけましょう
  2. 技術力を高めましょう
  3. フィジカルトレーニングをしましょう
  4. 試合ですることとしないことを決めましょう
  5. 戦術やパターンを考え徹底的に練習しましょう
  6. ランダムなボールへの反応力対応力を鍛えましょう

 

 

これが私の伝えたい事になります^^

 

 

 

 

繰り返しになりますが、

 

 

 

メンタルは鍛えようと思って鍛えられるものではないので

 

 

「メンタルを鍛えなければならない…」

 

 

と思っている人がいるのであれば、

 

 

 

それはすぐに考え直した方が良いと思います。

 

 

 

 

あくまでも、
しっかりとした「実力」があれば、
自分の卓球に自信が持てるようになり、
たとえ緊張したとしても思い通りの
プレーが出来るようになりますからね(^^)/

 

 

 

 

ということで、
今回は私がメンタルトレーニングをしない理由
についてご紹介しました。

 

 

 

この記事が何かの参考になれば嬉しいです(*^^*)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください