【卓球】短いサーブの打ち方!どんな練習をすれば出せるようになる?

どうも卓球好きしゃちょーです^^

サーブは相手の影響を受けないで
自分で好きなように出すことができる
唯一の技術ですが、
サーブを出すのは見た目と違って
結構難しいものですよね。

特に初心者の方でありがちなのが
どうしてもサーブが長くなってしまい
台でツーバウンドする短いサーブが出せない
ということで悩んでしまっている場合も少なくありません。

そこで、今回は短いサーブの打ち方のコツや
どんあ練習をすれば短いサーブを
自由自在に出せるようになるのか
ということについてご紹介していきたいと思います。

 

 

【卓球】短いサーブの打ち方のコツ

 

卓球で短いサーブを出すためにはどのようなコツがあるのでしょうか?

ということで、まずはざっくりと短いサーブの打ち方の
ポイントについて見ていきましょう。

 

■短いサーブの打ち方

  1. トスを低く上げる
  2. ネットと同じ高さくらいでコンパクトに打球する
  3. 打球した瞬間にラケットを止めるかひくようにする
  4. サーブをバウンドさせる位置は自分のコートの半分くらい

 

ということで、短いサーブを出すためには
このような事に気をつけることが大切なのですが
1個ずつ解説していきますね。

 

1,トスを低く上げる

 

短いサーブを出す場合にはできるだけ
トスを低く上げるようにしましょう。

それはなぜかというと、
トスを高く上げてしまうとその分
打球時にボールが跳ねやすくなってしまうからです。

つまりトスを高く上げれば上げるほど
ボールをコントロールしにくくなってしまうので
短いサーブを出す場合には
高いトスは不向きとなります

・【卓球】サーブの打ち方のルールとは?

 

2,ネットと同じ高さくらいでコンパクトに打球する

 

トスを小さく上げたらボールを打球するのは
ネットの高さと同じくらいで打球するようにこころがけましょう。

サーブが長くなってしまう人の特徴なのは
トスを上げてサーブを打つ高さが高いということです。

サーブを打つ位置が高いと
台にバウンドするエネルギーもその分大きくなるため
サーブが長くなってしまう原因となりますので、
目安としてネットと同じ高さくらいで
サーブを打つように意識してみてください。

 

3,打球した瞬間にラケットを止めるかひくようにする

 

サーブを打球したあとフォロースルーを
大きく取る人がいますが、
前方向にフォロースルーをとってしまうと
ボールを押す力が大きくなってしまうため、
短いサーブを出す場合にはフォロースルーを
できるだけ小さくすることが大切です。

ただ、そもそもフォロースルーを取らくても良いですし
逆にフォロースルーをひくようにしたりすれば
ボールの勢いを殺すことができるので、
短いサーブを出す場合はフォロースルーを
止めたりひいたりしてボールに勢いを
与えてしまわないように工夫してみましょう。

 

4,サーブをバウンドさせる位置は自分のコートの半分くらい

 

短いサーブを打つ時にしっかりと自分のコートと
相手のコートにバウンドさせるためには
自分のコートにバウンドさせる位置が大切です。

最初は自分のコートの半分くらいの位置に
第1バウンドさせるイメージでやってみてください。

それでできるようになってきたら、
バウンドさせる位置を変えてサーブを出してみても良いですね。

 

どんな練習をすれば短いサーブが出せるようになる

 

さて、ここまでは短いサーブの打ち方のコツについて
ご紹介してきましたがなんとなくイメージは掴めましたでしょうか?

イメージが掴めたら早速練習といきたいところですが、
どんな練習をすれば短いサーブが出せるようになるのでしょうか?

 

これについてですが、
まだ短いサーブがコントロールできないという場合は
最初はサーブに回転をかけないで
サーブの長さだけを調節できるようになる
という練習をすると良いとおもいます。

回転をかけないでサーブの長さを短く止められるようになったら、
下回転や横回転というふうにいろんな回転をかけてみて
また短く止められるように練習していきましょう。

 

サーブの出しやすいラバー

 

最近はテンション系の弾むラバーを使っている人も多いですが、
初心者のうちからこうした弾むラバーを使ってしまうと
サーブを短く止められるようになるまでに
ムダに時間がかかってしまう場合もあります。

ですから、サーブがまだ上手く出せないという場合は
サーブが出しやすいラバーを使って
サーブのボールタッチを身につけるようにするのが
早くサーブの技術力を向上させるために効果的です。

ちなみに、どんなラバーが良いのかということですが、
狂飆NEO3 のように回転がかけやすく適度に弾んでくれるラバーがやりやすいです。

 

まとめ

 

今回は卓球の短いサーブの打ち方のコツや
練習方法についてご紹介しました。

ガンガンレシーブからドライブを打ってくるような相手には
台でツーバウンドする短いサーブを使って
先手を取らせないようにすることが大切です。

短いサーブが使えないとレシーブから打ち込まれてしまい
自分の3球目が打てなくなってしまう可能性もあるので
早めに短いサーブが出せるようにした方が良いですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください