卓球ではネットの横から入れるボールも有効な返球なんですよね

どうも、卓球好きしゃちょ~です^^

 

 

今回は卓球のちょっとした小技について
書いていきたいと思うんですが…

 

 

その小技は何かというと、

 

 

「横入れ」です(^^)/

 

 

 

卓球ではネットの上をボールが越えなくても
相手コートにボールを返球することができれば
有効な返球とみなされます。

 

 

 

なので、あえて打点を落としてネットの横から
ボールを入れるようにする

というシーンもたまーに見かけるんですが、

 

 

そういったプレーを見ると…

 

 

おおー!

 

ってなりますね(笑)

 

 

 

一応、私も横入れを練習したことがあるのですが、
ネットの横から入れるのには
いくつかコツがあったので、

 

 

横入れのやり方のポイントを
少しご紹介したいと思います。

 

 

横入れを成功させるポイント

 

 

横入れを成功させるためには
いくつかポイントがあるのですが、

 

 

まず1つ目は…

 

 

大きくフォア側、
もしくはバック側に飛んできた
ボールを狙うということです。

 

 

 

これは、言わずもがなかもしれませんが、

 

 

 

ミドル付近に飛んできているボールを
ネットの横から入れるって不可能ですよね?

 

 

 

漫画みたいに

ギュイン

ってボールが曲がってくれれば
できるかもしれませんが、

 

 

さすがに現実的に難しいので、

 

 

 

フォアやバックを大きく切るような
コースにボールが来た時に
横入れを狙うようにしましょう。

 

 

 

で、横入れできそうなボールが来たら
できるだけ打点を落とし気味にして
すくい上げるイメージで
ボールをクロス方向に打ち込みます。

 

 

 

すると…

 

ネットの横をかすめて相手コートに
ボールを横入れすることができます^^

 

 

 

 

ちなみに、

横入れされたボールは返すのがかなり
難しいんですよね(笑)

 

 

ネットを越えてきたボールは
コートに入ってから
ある程度の高さまでバウンドしてくれるので
返球することができるのですが…

 

 

ネットの横から入ってきたボールは
台すれすれの高さから入ってきて
ほとんどバウンドしないような感じ
(通称ゼロバウンド)になったりするので
返すのが非常に難しいです(;・∀・)

 

・卓球ゼロバウンド【動画】

 

 

 

なので、サイドを切るようなところに
ボールが飛んできたら、
横入れで返すようにするのは
かなり有効な方法です。

 

 

ネットの横から入ったボールは無効と
なっているスポーツもありますが、

 

 

卓球ではネットの横からボールが入ってもOKなので、
遠慮なく横入れできますね(笑)

 

 

 

 

ということで、

今回はネットの横から入れる横入れについてでした^^

 

 

何かの参考になれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください