【卓球】表ソフトラバーの打ち方のコツ!角度打ちを決めるポイントとは?

どうも、卓球好きしゃちょーです。

表ソフトラバーは裏ソフトにない
独特のボールが出せたり、
弾くと激速なボールが打てるので、
使っている人も多いと思いますが、

表ソフトラバーを使いこなすには、
表ソフトラバーの特性を理解して
表ソフトラバーに合った使い方を
することがとても大切なので、

今回は、表ソフトラバーの特性や
打ち方のコツについて、
みなさんにシェアしていきたいと思います。

表ソフトラバーの特徴について

表ソフトラバーは、
裏ソフトラバーのシートを
ひっくり返したような感じの
ツブツブが表面にあるのが特徴です。

表ソフトラバーの場合粒の高さが低く、
太いものが多いですが、
粒の高さが高く細くなると、
「粒高」というラバーになりますね。

表ソフトラバーは、
シートの表面がツブツブになっているため、
打球時にボールがシートの表面に
触れる面積が小さくなるので、

  • 球離れが早い
  • 回転がかかりにくい
  • 回転の影響をうけにくい
  • ボールのスピードが出やすい
  • ナックルが出しやすい

というような特徴があります。

なので、
表ソフトラバーを使う場合は、
そもそもこのような特徴がある
ということをしっかり踏まえた上で
使っていく必要があるのですが…

最も基本的なところでいえば、
表ソフトラバーを使う場合は、
台から下がらず前陣でプレーする
ということは必須条件になります。

それはなぜかというと、
表ソフトラバーの場合裏ソフトラバーのように
強い回転をかけることが難しいので、

台から下がれば下がるほど
ボールコントロールが難しくなりますし、
表ソフトラバーの武器であるスマッシュや
プッシュが出来なくなってしまうからです。

なので、表ソフトラバーを使う場合は
とにかく前陣でプレーするというのを
意識して使っていくようにしてみてください。

表ソフトラバーの種類3つ

ここまでは、
表ソフトラバーの特徴について
おさらいしてみましたが、

ここからは、
表ソフトラバーの種類について
書いていきたいと思います。

裏ソフトラバーにも、
「回転系」「スピード系」「コントロール系」と
いろいろな種類があるように…

表ソフトラバーも

  1. スピード系
  2. 回転系
  3. 変化形

と大きく3種類あります。

スピード系の表ソフトラバーは
一般的な表ソフトラバーになりますが…

表ソフトラバーでありながら
回転もかけやすい回転系のものもありますし、

粒高とスピード系表ソフトラバーの
中間くらいの粒が採用された、
変化形表ソフトラバーもあります。

なので、攻撃的な選手でも
スマッシュ主体で行きたいのであれば、
スピード系表ソフトラバー

回転をかけたり弾いたり、
いろいろ緩急をつけたプレーがしたい場合は
回転系表ソフトラバー

どちらかといえば、
守備的なプレーをしていきたいという場合は、
変化系表ソフトラバー

という感じで、
プレースタイルに合わせて表ソフトラバーも
使い分けていくということになります。

人気記事

表ソフトラバーの打ち方!角度打ちを決めるコツとは?

さて、表ソフトラバー最大の武器といえば、
パチーンと弾いたボールになりますが、

この弾いたボールを決めるためには
どのようなコツがあるのでしょうか?

この事について、
気になっている方も多いと思いますが、

表ソフトラバーの弾くボールを決めるためには、

  1. 打つ瞬間にラケットを強く握るように打つ
  2. ラケットを立て気味の角度にする
  3. 高い打点を捉えるようにする

という3つのコツを守るようにすると
かなり角度打ちが決まるようになると思います。

また、表ソフトラバーで
回転をかけドライブ気味のボールを打つ場合は、
手首の返しをしっかり使って
瞬間的にボールを擦り上げるような感覚を
身につけることが大切です。

・表ソフトラバーの打ち方【動画】

まとめ

今回は表ソフトラバーの打ち方や
角度打ちを決めるコツなどについて
ご紹介しましたがいかがだったでしょうか?

表ソフトラバーは裏ソフトラバーに比べると
使っている人が多くはないので、
なかなか参考になる選手が近くにいない
ということも少なくありませんが、

使っている人が少ないからこそ、
試合で相手がやりづらくしてくれて
勝ちやすくなれるラバーでもあるので、
表ソフトラバーを選んだ場合は、
表ソフトラバーの特徴を最大に活かした
プレーができるよう練習していきましょう。

ということで、
この記事が何かの参考になれば幸いです^^

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする