【卓球】表ソフトラバーの打ち方のコツ!角度打ちを決めるポイントとは?

どうも、卓球好きなしゃちょーです。

表ソフトラバーを使いはじめて間もない方や
これから表ソフトラバーをやってみようと
思われている方も多いのではないでしょうか?

裏ソフト全盛の今だからこそ表慣れしていない人が多く
表ソフトラバーを使った選手が活躍しやすく
なってきているというふうにも思うのですが、
表ソフトラバーを使っている人は裏ソフトに比べると少ないので
打ち方を参考にできる選手が身近にいない
という場合も少なくありません。

ですから、せっかく表ソフトラバーを使っているのに
なかなか上達することができていないという選手も
少なくないようです。

そこで、今回は表ソフトラバーの打ち方のコツについて
ご紹介していきますので参考にしてみてください。

人気記事

【卓球】表ソフトラバーの打ち方のコツ!

表ソフトラバーの表面は裏ソフトラバーのシートを
ひっくり返したような感じで
ツブツブがたくさんついています。

なので、ボールを打球する時には裏ソフトラバーに比べて
ボールがラバーに触れる面積が小さくなるので、
表ソフトラバーには次のような特徴があります。

  • 球離れが早い
  • 回転がかかりにくい
  • 回転の影響をうけない
  • ボールのスピードが出やすい
  • ナックルが出しやすい

なので、表ソフトラバーを使っていく場合には
このような特徴があるということを踏まえて使っていく必要があるのですが、
表ソフトラバーの打ち方のコツをあげるとするならば

  1. 前にボールを押し出すように打球する
  2. 強打する際はボールを「パチン」と弾くように打球する

この2つが重要であると思います。

また、表ソフトラバーを使う場合には
前陣に貼り付いてプレーするということが大切で、
それはなぜかというと台から下がってしまうと
回転をかけることができないため
返球率が悪くなってしまいますし、
攻撃的なボールを入れることが極端に難しくなってしまうためです。

なので、表ソフトラバーを使う場合には
台から下がらず前陣で相手のボールを小気味よく
パチンパチンと弾いて相手がつまったところをカウンターとしたり
相手のツッツキを角度打ちで撃ち抜くというような
速攻と堅守を使い分けるような戦術が適しているのです。

・表ソフトラバーの打ち方【動画】

表ソフトラバーにもいろんな種類がある!

さて、ここまでは表ソフトラバーの打ち方のコツについてご紹介しましたが、
実は表ソフトラバーにも裏ソフトラバーと同じようにいろんな種類があり、
どの種類の表ソフトラバーを使うかによって戦術や打ち方も変わってくるので、
ここからは表ソフトラバーの種類について軽くご説明していきたいと思います。

では、表ソフトラバーにはどのような種類があるのかというと、
大きく分けて

  1. スピード系
  2. 回転系
  3. 変化形

の3種類があります。

スピード系表ソフトラバーは一般的な表ソフトラバーですが、
表ソフトラバーでありながら回転もかけられる
回転系表ソフトラバーがあったり、
粒高のように揺れるボールが出せるような
変化形表ソフトラバーもあるんですね^^

ですから、表ソフトラバーと一口にいってもこのように
全く性質が異なった3種類のタイプがあるわけなので、
どの表ソフトラバーにするか自分のプレースタイルに合わせて
しっかりと選ぶことが大切です。

表ソフトラバーで角度打ちを決めるポイントとは?

さて、表ソフトラバーの必殺技といえば
バチーンと相手コートに突き刺さる角度打ちですが、
この角度打ちを決めるポイントについて
気になっている方も少なくないようです。

というわけで、ここからは表ソフトラバーの角度打ちを
決めるポイントについてご紹介していきたいと思うのですが、
結論からいってしまうとボールの回転を見極めて
ラケットの角度を正確に作れるかどうかということがポイントになります。

ですから、ただ単にラケットの面を作って
ボールを弾くだけでは角度打ちを安定して
決めることはできないというわけなんですが、
例えば、上回転のボールを角度打ちする場合は
ラケットの角度をかぶせ気味にしなければなりませんし、
下回転のボールを角度打ちする場合には
ラケットの角度を開き気味にしなければなりません。

また、回転量が多いか少ないかによって
適切なラケットの角度は違ってくるので
しっかりとボールの回転を見極めることができるか否かが
角度打ちを決められるかどうかを左右します。

まとめ

今回は表ソフトラバーの打ち方のコツや
角度打ちを決めるポイントなどについてご紹介しました。

表ソフトラバーを使っている選手は
やはりそれほど多くはありませんし、
表ソフトラバーにもいろんな種類があるので
参考に出来る選手がなかなか見つからない
という場合も少なくありませんが、
使っている人が少ない表ソフトラバーだからこそ
試合になった時に相手に「やりづらい」という
苦手意識を植え付けることができるという
強力なメリットもありますので、
表ソフトラバーのメリットを最大限に活かせるように
日々練習に励まれてみてください^^

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする