【卓球】サーブの打ち方とコツ!初心者でもサーブがすぐ上達する練習方法

どうも、卓球好きしゃちょ~です^^

卓球で必ず使う技術といえば…

サーブ

ですね^^

相手が取れないようなサーブを持っていれば、
サーブで得点が取れてしまうので、
楽に点数を重ねていきやすくなるのですが…

逆に、相手のサーブが取れないと、
自分の点数を取ることができないので、
試合展開が非常に不利になってきてしまいます。

なので、卓球ではサーブの事を
一球目攻撃と言ったりもするんですが…

サーブは自分が好きなスピード回転の
ボールを出すことができるので

磨けば磨く程上達しやすい技術なんですね^^

ただ、初心者の方だと

サーブの打ち方を知らなかったり、
サーブを出す時のコツを知らなかったり、
サーブの練習方法が分からなかったり、

すると思うので…

今回は、サーブについて
いろいろと書いていきたいと思います^^


スポンサーリンク




 


スポンサーリンク




【卓球】サーブの打ち方

卓球ではサーブの打ち方が
次のように決められています。

  1. フリーハンドの手のひらを開きボールをおいて静止する
  2. 16センチ以上真上回転をかけずにトスを上げ落下中のボールを打球し
    自分のコートと相手のコートにそれぞれ1回バウンドさせる
  3. 打球時にボールを隠してはいけない

これが、

卓球のサーブのルールとなりますので、
まずはサーブを打つ時のルールを
しっかりと覚えておきましょう。

また、サーブがネットにあたって
相手コートに入った場合は
サーブの打ち直しになります。

ちなみに、

ルールにそぐわないサーブを出している場合は…

審判や相手選手に指摘されたり、
サーブミスになってしまう可能性が
あるので注意してください。

初心者でもサーブがみるみる上達する練習方法

では、ここからは初心者の方が
これからサーブ練習をしていくための練習方法や
サーブのコツについて書いていきたいのですが、

サーブに関する悩みで多いのは
次のようなものだと思います。

  • 狙ったコースにサーブが出せない
  • サーブミスが多い
  • 回転がかけられない
  • サーブが高く甘い
  • 短いサーブが出せない
  • 回転の種類が少ない
  • サーブの動作がぎこちない

このように、

サーブ練習をしていくと、
いろいろと悩みが出て来ると思うのですが、

中でも、「回転がかけられない」
というのは多くの人が通る道だと思います。

というか…

サーブが上手くなれるかどうかは、
「回転をかける感覚を身につけられるかどうか?」
にかかっているといっても良いですね。

サーブに回転をかけられないと、
どんなフォームで打っても
ナックルにしかならないので、

回転がバレバレになってしまい
相手に対処されやすくなってしまいます。

なので、しっかりと下回転だったり
横回転をかけられるようになっておかないと
いけないんですが、

どうすれば、
サーブに回転をかける感覚を
掴むことができるのでしょうか?

■サーブに回転をかける感覚を身につける練習方法

サーブに回転をかける感覚を身につけるためには
次の練習が効果的です。

  1. ボールを軽く上にトスする
  2. 落ちてきたところを打球し下回転をかけ前方向に飛ばす
  3. 下回転がかかっている事を確認する(下回転がかかっている場合自分の方にボールが戻ってきます)
  4. 繰り返して下回転の量を増やしていく(回転量が増えるボールの戻りがより強くなっていきます)

※できるだけ広く障害物がない場所で行ってください。

このように、

トスを上げてボールに回転をかける

という練習を繰り返していると…

だんだんと、
ボールに回転がかかる感覚が掴めてくると思います。

で、最初は下回転から練習していくのですが、

下回転を切るときは
必ずラケットを水平にして
回転をかけるようにしましょう。

ラケットの角度が斜めになってしまうと、
ラケットにボールが当たる感じになってしまい
回転がかかりにくくなってしまいますからね。

回転をかける感覚が発達している人であれば
多少ラケットの角度が斜めでも
強い下回転をかけることができるのですが、

まだ、下回転が切れないという段階だと
回転をかける感覚の発達が阻害されてしまうので、
下回転がかけられるようになるまでは

ラケットを水平にしてボールに下回転をかける

ということを意識して練習しましょう。

まとめ

ということで、

今回は、
卓球のサーブの打ち方や、
初心者の方がサーブ練習をする時のコツ
について書いてみました。

サーブは卓球で必ず使う技術ですし、
練習すればするほど、
相手に効くサーブが出せるようになっていき、
試合で勝ちやすくなる技術なので、
どんどんサーブ力を磨いていきましょう^^

ただ、サーブ力を磨こうと思った時に

初心者の方だと、
サーブに回転をかける感覚を
なかなか掴めないということがあると思います。

ですが、そんな時は、
サーブに回転をかける感覚を掴む練習方法をやってみてください。

あと、サーブに回転をかける感覚が
なかなか掴めないという場合は
回転がかけやすいラバーを使ってみると
良いかもしれません。

ラバーによって…

引っかかりが良かったりそうでもなかったりするのですが、

引っかかりが良いラバーを使うと
回転をかける感覚がつかみやすくなるので、
回転をかける感覚が身につきやすくなりますよ。

少しでもみなさんの参考になれば嬉しいです^^

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする