【卓球】サーブの打ち方とルール!初心者でもすぐ上達する練習方法

どうも、卓球好きしゃちょ~です^^

卓球で必ず使う技術といえば…
サーブですね^^

初心者の頃は相手のサーブが取れず、
試合で何もさせてもらえず
負けたりして悔しい思いを
経験した事がある方も多いと思いますが、

それだけ、サーブは試合で勝つために
大きな役割を持っている技術になるので、
しっかりと練習しておきたいところ。

 

ただ、初心者の方ですと、
そもそもサーブの打ち方のルールや
どうやってサーブを練習していったら
上達することができるのか分からない…

と思われていると思いますので、

今回は、卓球のサーブの打ち方のルールや
すぐにサーブを上達させていくための
練習方法についてみなさんに
シェアしていきたいと思います^^

【卓球】サーブの打ち方とルール

 

卓球ではサーブの打ち方が
次のように決められています。

 

STEP.1
サーブの準備

 

開いたフリーハンド(手のひら)にボールを載せ
台のエンドラインより後ろで静止する。

STEP.2
トスを16センチ以上上げる

 

台よりも高い位置からトスを16センチ以上上げます。

卓球ではサーブのトスは
台より高い位置から16センチ以上
真上に上げなければならない
と決められているので、

サーブのトスが16センチに満たなかったり、
台の下からトスを上げてしまうと、
サーブミスになり相手の得点となってしまいます。

また、フリーハンドをトスするボールと
一緒に上に上げてしまう選手もいますが、
これもサーブミスになるので
トスを上げたらフリーハンドはサッと
体に寄せるようにしてください。

STEP.3
トスが落ちてきたところを打球する

 

トスを上げると同時に、
ラケットのバックスイングを取っておき、
トスしたボールが落下してきたところを打球し、
自分のコートに1バウンドさせてから
相手コートに入るように打ちます。

また、打球時にボールが体に隠れてしまうと
サーブミスになってしまうので、
打球時ボールが体やユニフォームに
隠れないようにしてください。

STEP.4
ネットに触れたら打ち直し

 

サーブを打ったあと、
相手コートに入る前にネットに触れた場合は、
サーブの打ち直しになります。

サーブの打ち直しに回数制限はないので、
サーブがネットに連続触れた場合は
ちゃんと入るかサーブミスするまで
何度もサーブの打ち直しになります。

 

初心者でもサーブがみるみる上達する練習方法

 

では、ここからは初心者の方が
これからサーブ練習をしていくための練習方法や
サーブのコツについて書いていきたいのですが、

サーブに関する悩みで多いのは
次のようなものだと思います。

 

  • 狙ったコースにサーブが出せない
  • サーブミスを何度もしてしまう
  • 回転がかけられない、かけようとしてもかからない
  • サーブが高く甘くなってすぐ打たれてしまう
  • サーブの長さを調節できない
  • 回転の種類が少ない
  • サーブの動作がぎこちない

 

特に、初心者の頃というと、
サーブをどうやって打ったら良いか分からないだけでなく、
ちゃんと打ちたくてもサーブが打てない…
というジレンマを抱える事になるので、

早くそのジレンマから抜け出せると、
試合で勝てる卓球に近づくスピードが
速くなるということになります。

 

個人的に、サーブのコースや長さは、
何度もサーブ練習をしていれば、
誰でも割と感覚をつかめるようになると思うのですが、

サーブに上手く回転をかけられる感覚は、
練習しても頭で分かっていても、
なかなか身につけられない…
という選手も少なくないので、

サーブをこれから練習していくという段階にいるのであれば、
まずはボールに回転をかける感覚を身につける事から
始めていくのが効率的なのではないかと思います。

 

では、どうしたら、
サーブに回転をかける感覚を
身につけられるのか?

ということについて
次にご紹介していきますね。

 

■サーブに回転をかける感覚を身につける練習方法

 

卓球のサーブがまだうまく出せない…
という段階にいる場合は、
次のような練習を行って、
まずはボールに回転をかける感覚を
身につけるようにしてみてください。

 

STEP.1
練習場所を確保する

 

卓球台があれば卓球台を使用しても良いですし、
卓球台がなければある程度広いスペースで、
平坦な床になっている場所を見つけます。

STEP.2
トスを上げボールに下回転をかける

 

ボールに回転をかける感覚を練習するのに、
私がよくやっていたのが、
とりあえず下回転をかけるという練習です。

トスを軽く上げ、落ちてきたボールの
真下を水平気味に寝かせたラケットで
グッとカットして下回転をかけるのですが、
この時、全力に近いパワーで回転をかけていきます。

ボールに回転をかける場合、
ラケットに当てるという感覚ではなく、
ラバーの表面に引っ掛けるという感じになるので、
なかなか回転がかからない場合は、
ラケットの角度やインパクト強さなどを
修正してみてください。

STEP.3
回転がかかっているか確認する

 

下回転がちゃんと切れている場合、
ボールは自分の方向へ戻って来ます。

STEP.4
繰り返し練習して回転量を増やす

 

下回転がかけられるようになったら、
それで終わりではありません。

もっと回転量を増やす事ができないか、
いろいろと工夫してみましょう。

自分が出せる回転量の上限値が上がれば上がるほど、
回転の落差を生み出す事ができるようになるので、
試合でサーブがより効くようになります。

STEP.5
他の回転のサーブを練習する

 

ボールに回転をかける感覚が身につき、
回転量も十分出せるようになってきたら、
下回転だけでなく横回転や上回転など
他の回転のサーブを練習していきましょう。

まとめ

 

今回は、卓球のサーブの打ち方のルールや
初心者の方でもすぐにサーブが上達できる
練習方法についてご紹介しました。

サーブは卓球で1番使う技術ですし、
唯一相手の影響を受けずに、
自分が好きなように出来る技になるので、
サーブを練習して極めれば極めるほど、
試合で勝ちやすくなっていくはずです。

で、今まだサーブがうまく出せないとか、
回転がかからないというふうに悩んでいるのであれば、
今回紹介した練習方法をぜひ取り入れてみてくださいね。

また、
粘着ラバーのような回転をかけやすいラバーを使って
ボールに回転をかける感覚を身につける
というのも良いと思います。

ということで、
この記事が何かの参考になれば嬉しいです^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください