【卓球】シェークハンドラケットの正しいグリップを画像解説

どうも、卓球好きしゃちょーです^^

今回は卓球のシェークハンドラケットの

正しい握り方(グリップ・持ち方)

について書いていきたいと思います。

卓球で上手くなる選手と

そうでない選手の違いは…

実はグリップにある!

といってもいいのですが、

グリップが正しければ
それだけで上手くボールに力が伝わる
スイングになるので、

勝手にどんどん上達していけるのですが…

間違ったグリップをしてしまっていると、

ボールが入ったり入らなかったり

というふうになり、

なんだか安定感のないプレーが
多くなってしまうので、

練習のモチベーションが下がったり、
自分には才能がないんだ

と思い込んでしまったりする原因になります。

で、グリップは人それぞれ
若干違っていて当然なんですが、

基本となる部分はありますので、

今回は基本のグリップのポイントを
紹介してみたいと思います^^


スポンサーリンク




 


スポンサーリンク




【卓球】シェークハンドの正しい握り方(グリップ・持ち方)

シェークハンドの正しいグリップの
握り方を見ていきましょう。

まず、フォア面から見るとこのような感じで

親指がグリップの付け根の部分

そして、中指、薬指、小指の3本が
グリップの中間に来ます。

で、バック面から見ると…

人差し指がラバーのエンド部分に
少しかかるような感じになります。

まずは、このような感じで
シェークハンドのグリップを
握ってみてください^^

で、

ここからが重要なんですが、

ラケットサイドから見た時に、
人差し指と親指が
並行くらいになるようにします。

こうやって、

親指と人差し指を並行な感じで
シェークハンドグリップを握ると、

しっかりとラケットに
力を入れて握れて

それでいて手首の可動域も確保できるはずです。

なので、まずはこのグリップで
練習をしてみてください。

練習しているうちに、
この基本形のグリップよりも
自分に合ったグリップが
見つかってくると思います^^

あと、シェークハンドの場合は
フォアとバックの両方が打ちやすい

グリップを見つける事が大切です!

実はフォアが異常に打ちやすいグリップや
バックが異常に打ちやすいグリップがあるのですが…

それだと、どちらかが異常に打ちづらく
なってしまうんですよね(;・∀・)

それだと、シェークハンドの武器である
両ハンド攻撃ができなくなってしまうので、

フォアも振りやすいし、
バックも振りやすい

というグリップを見つけるようにしてください^^

ちなみに、

卓球が上達してくると、
グリップを瞬時に持ち替えて

適したグリップでボールを打ち分ける

という方向性になっていくと思いますが、

はじめはそういったテクニックは難しいので

基本となるグリップで
たくさん練習することが大切です。

まとめ

ということで、

今回はシェークハンドの

正しい握り方(グリップ・持ち方)

についてでした。

正しいグリップでラケットを握るだけで
ボールの入る確率が
相当違ってきます!

もし、見本通り打っているのに
ボールの決定率が悪い…

という場合は、

グリップが間違っている、

もしくは自分に適していない握り方に
なってしまっている可能性があります!

また、これから卓球が強くなりたい!

と思っているのであれば、

常に正しいグリップで
練習することを心がけるようにしましょう^^

今回の記事が少しでもお役に立てたら嬉しいです^^

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする