卓球のルールでタオルタイムが6の倍数に制限されている理由

どうも、卓球好きしゃちょ~です^^

卓球は試合中いつでもタオルで汗を
拭いていいというわけではなく
ルールでお互いの点数が6の倍数に
なっているときだけ
タオルを使うことができる
となっているんですが、
「なんで6の倍数なの~?」と
素朴な疑問を抱く人も多いみたいで、
結構卓球を知らない人から聞かれる事があるんですよね(笑)

ということで、今回は卓球のルールで
タオルタイムが6の倍数に制限されている
理由についてシェアしていきたいと思います。

 

卓球のルールでタオルタイムが6の倍数に制限されている理由

 

卓球の試合中選手はいつでも
タオルを取って汗を拭いていい
というわけではなく、
お互いの点数の合計が
6の倍数になっている時に
タオルを取ることができるとなっています。

なので、例えば点数が「3-3」だったり、
「6-6」だったり、「9-9」のように
点数の合計が「6、12、18・・・」という感じで
お互いの点数を合計して
6の倍数になっている時であれば
タオルを取って汗を拭いても良いんですが、
それ以外の点数の場合は
タオルを取ることはできないルールになってします。

 

で、どうしてタオルタイムが6の倍数に
なったのかということなんですが…

 

もともとはタオルタイムのタイミングが
決まっておらずいつでも選手が自由に
タオルタイムを取ることができたのですが、
一部の選手がタオルをわざと頻繁に使って
相手の集中力を乱そうとしたり、
促進ルールを適用させようとしたりと、
本来の汗を拭くという目的ではない理由で使用し
試合の進行が遅くなってしまうというような問題があっため、
当時21点制でサービスが5本交代だったのですが、
サービスの交代時のみ、つまり5本ごとに
タオルを使用できるというふうにルールが変わった
という経緯がありました。

 

で、現在は1セット11点制でサーブは2本交代ですが、
この1セット11点制にルールが変更になるタイミングで
タオルタイムを取るタイミングをどうするか
ということも議論になったそうですが、
タオルタイムの回数が増えないようにということで
6の倍数というふうになったそうです。

 

なので、もしかしたら4の倍数になっていた
可能性もあったかもしれないんですが、
卓球は試合数がとても多いので
タオルタイムが少し増えるだけでも
試合の進行がかなり遅くなってしまうので
正直6の倍数で良かったのではないかと思います(笑)

 

 

それに、あまりにも頻繁にタオルタイムが
取れるスポーツってそうそうありませんし、
いつもタオルで汗を拭けるようになっていると
試合がなかなか進まなくなってしまいますし、
ダラダラとした雰囲気のスポーツになってしまうので
6の倍数でタオルを取るという風に
決めておいた方がいろいろとメリットが多いですよね。

 

 

というわけで、今回は卓球のルールで
タオルタイムが6の倍数に
制限されている理由についてでした^^

参考になれば嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください