中学生から卓球を始めるなら最初は木材ラケットが良いと思います^^

どうも、卓球好きしゃちょ~です^^

卓球をはじめるきっかけで多いのが
中学校の部活じゃないかなぁと思います。

で、もし中学生から卓球を始めるのであれば
最初は木材ラケットがおすすめだと
個人的には思っているんですが、
なぜ、木材ラケットがおすすめなのか
という理由を今回は書いていきたいと思います。

 

 

 

中学生から卓球を始めるなら最初は木材ラケットが良いですね^^

 

卓球を始めると避けて通れないのが
ラケットやラバーの用具選びなんですが、
もしこれまで卓球をやった経験がなくて
中学生から部活で卓球を始めていくのであれば、
最初は「木材合板ラケット」を使うのが良いと思います。

 

最近だと、カーボンやアリレートカーボン、
ザイロンファイバーなどの新素材が入った
素材入りラケットが多くなってきているんですが、
こうした素材入りラケットだと
打球感が木材合板ラケットに比べると少なく、
また、パワーがないと安定してボールが飛んでくれないので
卓球初心者の方やパワーが少ない中学生が使用するのには
あまり適していないラケットなんです。

 

その点、木材合板ラケットだと打球感が分かりやすく
ボールを弾く感覚やボールに回転をかける感覚が
素材入りラケットよりもつかみやすいので
基本技術の習得がしやすくなるというメリットがあるので、
卓球をはじめて基本技術を習得することができるまでは
木材合板ラケットを使った方が速く上達していきやすいと感じています。

 

ただ、木材合板ラケットといっても
どれでも良いというわけではなく
弾みが「ミッド~ミッドファースト」で
硬さが「ソフト~ミディアム」くらいの
ものを選ぶことが大切です。

上記のような木材ラケットだと
コントロール性と打球感に優れているので
初心者やパワーが少ない人でも
使いこなせないという心配が少ないですからね。

なので、もし中学生から卓球を始めるというのであれば、
適度な弾みで打球感が柔らかめの
木材ラケットをチョイスするようにしてみてください。

 

 

トップ選手が使っている用具を使ってみたい…
と思うかもしれませんが、
最初に上級者ラケットを選んでしまうと
打球感が掴みにくかったり、
パワーや技術が足りずコントロールが難しくなって、
上達をかえって阻害してしまいかねないので
しっかりと基本技術ができるようになるまでは
修行期間だと割り切った用具を選んで
練習をすることがとても大切だと思います。

卓球って何年経っても基本技術が出来なかったり
ということが平気であるスポーツですからね~(;・∀・)

 

 

というわけで、今回は中学生から卓球をはじめるなら
最初のラケットは木材ラケットが良い説について書いてみました。

長年卓球というスポーツをやっていますが、
初心者の方には木材ラケットの方が良い
というのは間違いないと思うので
もしよければ参考にしてみてください^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください