【卓球】前陣速攻型への対策方法5つ!

どうも、卓球好きしゃちょ~です^^

卓球で試合をするといろいろな戦型の
選手と当たることになるんですが、
時々いるのが前陣速攻型の選手です。

で、この前陣速攻の術中にはまってしまうと
為す術なく徹底的に打ち込まれてしまうので、
前陣速攻型の選手に対して苦手意識を持っている人も
多いのではないかと思いますが、
前陣速攻型の選手への対策方法を知っていれば
ぐーんと戦いやすくすることができるので
今回は前陣速攻型の選手への
対策方法についてシェアしていきたいと思います。

 

 

【卓球】前陣速攻型の選手の対策方法

 

では、前陣速攻型の選手の対策方法の
ポイントを確認していきましょう。

 

[icon image=”point1-1-b”]相手よりも先に攻める
[line color=”blue” style=”solid” width=”1″]

前陣速攻型の選手が最も嫌うのが
自分よりも先に攻められるということです。

前陣速攻型の選手は大抵表ソフトラバーを
使っていることが多いですが、
表ソフトラバーだと攻められて
台から下げられてしまうと
思ったようなプレーが出来なくなってしまいます。

 

なので、相手よりも先にこちらから攻める
というふうにしていくことで
相手の速攻を封じていくようにすることが大切です。

 

[icon image=”point1-2-b”]打たれないサーブを出す
[line color=”blue” style=”solid” width=”1″]

前陣速攻型の選手はサーブが甘くなるやいなや
お構いなしに「パチン」と打ってきます。

なので、サーブを出す時は相手にツッツキをさせて
こちらが3球目で攻められるように
サーブを組み立てていくことが大切ですが、
基本的にいくつかサーブのパターンがあるのでご紹介しますね。

 

■パターン1:短い下回転サービスを出す

まずは短い下回転系サービスを出すパターンなんですが、
表ソフトラバーは横回転系サービスに対しては
プッシュで速いボールを打ち返しやすいんですが、
表ソフトラバーを使っている場合
下回転のツッツキがやりづらいため
下回転サーブを出すと角度を合わせて
返すだけというふうになりやすいです。

で、その角度を合わせて返してきたボールを
一気に3球目で攻めるという展開に持っていきます。

 

■パターン2:相手が詰まる長いサービスを出す

長いサービスを使うのも前陣速攻型の選手には有効です。

長いサービスでつまらせて
甘くなったレシーブを
3球目で攻めるという展開に
持っていくことができれば
相手を下げさせることができるので
その後の展開を有利にすることができます。

 

ただ、長いサービスを出す場合には
相手に読まれないように工夫する事が大切です。

長いサービスが来ると読まれてしまうと
回り込まれて打たれてしまったりするので、
短いサービスを主体にしていて
時々出すというふうにすると
読まれにくくなるかと思います。

 

■パターン3:長い下回転サービスを出す

表ソフトラバーは下回転系への対処が
やりづらいという性質があるので
長い下回転サービスを出すのも有効です。

思いっきり切った下回転サービスを長く出すと
それだけでツッツキをミスってくれたり
ということが結構あったりします。

 

ただ、長い下回転サービスを出すときも
読まれてしまっていると、
打ち込まれてしまう展開になるので、
相手に打たれないように工夫して出すようにしてください。

 

■パターン4:時々ナックルや横回転系サービスを混ぜる

前陣速攻型の選手に対しては基本的には
下回転系のサービスで組み立てるのが良いのですが、
それだけだと回転に慣れられてしまうので
ナックルや横回転系サービスも
たまに出すようにすると良いです。

 

ただ、ナックルや横回転サービスは
表ソフトで叩かれやすい球質でもあるので
短く低く止めるように出すのが無難です。

 

[icon image=”point1-3-b”]中途半端なツッツキをしない
[line color=”blue” style=”solid” width=”1″]

前陣速攻型の選手は甘いツッツキが
来るのを心待ちにしています。

なので、ツッツキをする時は
台深くに入るようなツッツキをしたり、
思いっきり短いストップにして
中途半端な長さになってしまわないように
することがとても重要です。

 

そして、相手がツッツキで返してきたボールは
先手を取って攻められるように準備しておきましょう。

 

[icon image=”point1-4-b”]フォアにボールを集めすぎない
[line color=”blue” style=”solid” width=”1″]

前陣速攻型の選手はフォアでとにかく攻め、
バックは守るという感じの選手が多いです。

 

なので、フォアにボールを集めすぎてしまうと
前陣速攻型の選手には攻撃されやすくなってしまうので
どちらかというとバックにボールを集めて
守らせたりつながせたりして
打たせすぎないようにしましょう。

 

まとめ

 

ということで、今回は前陣速攻型の選手の
対策方法について書いてみましたがいかがだったでしょうか?

前陣速攻型の選手はそれほど多くないので
普段あまり前陣速攻型の選手と練習する機会がなく
試合でいきなり当たって慌ててしまう
ということになりやすい戦型だと思いますが、
今回紹介したような対策を頭の中に入れておけば
少しでも戦いやすくなるのではないかと思います。

この記事が少しでもお役に立てれば幸いです^^

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください