テナジー05を今さらレビュー!何がスゴくて選ばれるラバーなのか?

どうも、卓球好きしゃちょ~です^^

高性能な卓球ラバーを探している方も
多いのではないでしょうか?

練習で技術を磨くというのが大切なように
卓球ではラケットやラバーなど用具の力を
見方につけることができるかどうかも重要ですからね。

そこで、性能で間違いないラバーといわれた時に
真っ先に上がってしまうのがテナジーシリーズなんですが、
一体テナジーってどういったところがすごくて
高性能なラバーといわれているのでしょうか?

ということで、今回は元祖テナジーである
テナジー05を今さらですがレビューして行きたいと思います。

 

 

テナジー05のレビュー!テナジー05は何がスゴイラバーなのか?

 

 

トップ選手がこぞって使っているテナジーですが、
そのテナジーシリーズの中で最初に登場したのが
テナジー05というラバーでした。

発売当初使ったときにはあまりの使いやすさと
スピードと回転性能の高さに驚いた事を
今でも覚えているんですが、
具体的にテナジー05はどんなところが
他のラバーと比較して優れているラバーなのでしょうか?

 

1,勝手にボールに上回転がかかってきれいな弧線のボールが出る

 

ボールに上回転(前進回転)がかかると
飛んでいく軌道が弧線を描くので
台に安定して収まりやすくなるのですが、
テナジー05がすごいのは
普通にフォアロングをしても
ボールに上回転がかかってまるでドライブのような弧線で
ボールが飛んでいってくれるということなんですね。

テナジーはスポンジが反発するタイミングと
シートがボールを飛ばすタイミングが
最もかみあうように設計されているので、
ボールを打つ時にラバーの性能が最大限に
発揮されるようになっています。

これによって、勝手にボールに上回転がかかって
弧線を描いて安定して台におさまるという
テナジーマジックが成り立ってしまうんですね。

 

2,スピードとスピンがどちらもトップクラス

 

テナジー05は回転重視のラバーなので
回転量はトップクラスのラバーなのですが、
ボールのスピードもかなり出せるので
スピード、スピンともにトップクラスの
性能を持っているラバーだと思います。

テナジー05が最も強みを発揮できるのが
ラリー戦だと思うのですが、
もともと勝手に回転がかかってくれるラバーなので
ドライブするとより回転がかかって安定し
さらにスピードものったドライブを打つことができるので、
軽く打球したつもりでも重く威力のある
ドライブになってしまうという感じです。

なので、テナジーで打たれたドライブは
重くて取りづらいと感じる人が多いです。

 

3,ボールを掴む感覚に優れている

 

テナジー05はボールを掴む感覚があるので、
1球1球しっかりと打球している感覚が伝わってくるので
ボールコントロールがしやすいですね。

ただ、ボールを掴む感覚があるといっても
球離れが速いのでもっさりとした感じではなく
テンポがかなり速い感じで
グッと掴んでいると思った直後には
もうボールが飛んでいってるという感じです。

 

4,シートの引っかかりが良い

 

テンション系ラバーというとシートの引っかかりが弱く
回転をかけづらいと感じてしまうものも少なくありませんが、
テナジー05はテンション系のシートでありながら
シートの引っかかりがかなりあるので
テンション系でスピードが出るのに
回転もかなりかかるというラバーなんですね。

 

5,ブロックやカウンターがやりやすい

 

テナジー05は弾むし回転もかなりかかるラバーだから
ブロックのやカウンターが安定しないのでは…

と思いたくなるのですが、
実際はブロックやカウンターがかなりやりやすいです。

しかも、当てるだけのブロックでも
かなりスピードが出てくれるので、
ブロックで得点が稼げるのではないか
と思えてしまうレベルなんですね(笑)

また、カウンターもちょっと回転をかけかえすように
打つだけで鋭いカウンターになってかえっていくんですよね。

 

テナジー05の弱点をあえて上げるならば…

 

テナジー05は間違いなく裏ソフトラバーの
最高峰に位置するラバーですが、
あえてテナジー05の弱点を上げるとするならば
ということについてここからは書いていきたいと思います。

やはり、完璧なラバーというのは存在しませんからね。

 

1,寿命が短い

 

テナジー05は性能が高いんですが、
その分ラバーの劣化も早いですね。

だいたい、1ヶ月もすると新品の状態と比べると
かなり弾みも回転も落ちてしまう感じです。

なので、テナジーを使う場合には
まめにラバーを交換しないと
気になるという人が多いのではないでしょうか?

 

2,値段が高い

 

テナジー05をはじめとするテナジーシリーズは
性能が最高峰なだけあって値段も最高峰なので、
他のラバーに比べて気軽に試しづらいですし買いづらいですね。

 

3,ツッツキやストップなどのレシーブのボールタッチが難しい

 

テナジー05であえてやりづらいという技術を上げるならば
ツッツキやストップなどのレシーブ系の技術だと思います。

上回転系のボールはめっぽうやりやすいんですが、
下回転になってくるとなぜかポーンと飛んでしまって
ストップしようと思ったボールが長くなってしまって
打ち込まれてしまったり、
引っかかりが良い分相手のサーブの回転に影響され
ボールが落ちたり浮いたりしてしまいやすいと思いました。

 

4,適当に打ってもドライブが入ってしまう

 

最後は適当に打ってもドライブが入ってしまう
というのを上げさせてもらったのですが、
これは特にまだドライブの打法を習得していない
初心者さんなどに当てはまるかと思うんですが、
テナジー05は適当に打ってもボールに前進回転がかかって
ドライブになってくれるんですね。

なので、これから技術を覚えていったり、
精度を高めていかなければならないという人が
テナジーを使ってしまうと
テナジー頼みの打法になってしまう可能性がありますね。

 

まとめ

 

今回はテナジー05をレビューしてみました^^

テナジー05は間違いなく最高峰のラバーなんですが、
じゃあ、どこがそんなにスゴイのか
ということについてできるだけ
細かくお伝えしたつもりなので、
少しでも伝わっていれば嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください