テナジー25試打した感想を書きます!前陣攻守型にうってつけのラバー

どうも、卓球好きしゃちょ~です^^

 

 

今回は、バタフライのテナジーシリーズの中から、
テナジー25を試打した感想を書いていきたいと思います。

 

 

 

いまさら感があるかもしれませんが、
確認的な感じでおつきあいいただけると幸いです(笑)

 

 

 

ということで、
早速テナジー25のレビューをしていきますね(^^)/

 

 

 

 

 

テナジー25試打レビュー!前陣攻守型にうってつけのラバーですね

 

 

まずはテナジー25の外観や質感について
軽く書いていきますね^^

 

 

 

シートの質感は他のテナジーシリーズと
同じような感じではありますが、

 

 

なんとなく、
ズッシリとしたような重たい
雰囲気が感じられる
重厚感があります。

 

 

 

 

また、特徴的なのはシートの粒形状。

 

 

かなり太くて低い粒が密集するように
配置されていますね。

 

 

 

 

テナジー05FXの粒とくらべてみると、
改めて25の粒の太さが際立ってます(笑)

 

 

 

 

 

では、早速テナジー25を打ち込んでいきます。

 

 

 

まず、軽くフォア打ちしてみると、

 

 

ベチベチ

 

 

という感じで、

 

 

 

かなり打球感が重たい感じです^^

 

 

 

テナジー05とかだと
パンパンパンという感じで
軽快な打球感なんですが…

 

 

25は真逆の打球感という感じ(^^)

 

 

 

でも、粘着ラバーのペチペチした打球感とも
違うので25はかなり不思議なラバーですね(笑)

 

 

 

 

続いて25でドライブを打ってみると…

 

 

 

安定して入る入る(笑)

 

 

 

ボールのスピードと飛距離は
他のテナジーよりも劣ってしまいますが、

 

 

 

飛ばない分安定して台に入ってくれますね~

 

 

 

ただ、テナジー25は結構硬く
粒が太い分ラバーにボールが食い込まないため
台から下がってしまうと
ボールを飛ばすのが大変でした(;´∀`)

 

 

 

下がって打点を落として打っていく
というようなプレーになってしまうと
テナジー25はかなり使いづらかったですね。

 

 

 

 

逆に前陣でスマッシュやカウンターをするのが
テナジー25は異常なくらいやりやすかったんですが、

 

 

 

とにかく相手のドライブがどれだけ強くても
スマッシュ気味に叩くと
カウンターすることができてしまう…

 

 

 

という感覚すらあったのが恐ろしかったですね~Σ(´∀`;)

 

 

 

ドライブ主戦型の選手からすると、
前陣でドライブをスマッシュ気味に
カウンターされるのはかなり嫌なので、

 

 

 

テナジー25を貼った前陣攻守型は
かなりアリなのではないかと思います^^

 

 

 

 

あと、スマッシュとカウンター以外に
テナジー25の良い部分を上げるとするならば、

 

 

サーブやツッツキが切りやすく
コントロールしやすい
ということが上げられますし、

 

 

 

弾くプレーがやりやすいので、
ネット際でのフリックもやりやすかったですね^^

 

 

 

 

ということで、

 

 

 

テナジー25は前陣攻守型の選手に
かなりおすすめのラバーと感じました。

 

 

 

他のテナジー同様値段はかなり高い部類のラバーで、
テナジーシリーズの中ではなぜかマイナーな
イメージを持たれている感じもあるテナジー25ですが、
とても良いラバーだと思います。

 

 

 

 

台から下がらず、
甘く入ってきたドライブを
スマッシュ気味にカウンターしたり、
的確にブロックしたりして
得点を重ねていくという
プレースタイルをするなら
間違いなくどんぴしゃなラバーだと思います!

 

 

 

・【BUTTERFLY】テナジー25

 

 

まとめ

 

 

 

今回はテナジー25を試打した感想を
書いてみたのですがいかがだったでしょうか?

 

 

とにかくスマッシュやカウンターが
恐ろしいくらいやりやすいラバーなので、
使ってみるとやみつきになってしまう人も
多いラバーなのではないかと思います^^

 

 

 

ということで、
この記事がみなさまの参考になれば幸いです(*^^*)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください