粒高対策に効果的な練習方法と粒高の弱点をついて勝つ方法

どうも、卓球好きしゃちょ~です^^

今回は粒高対策に効果的な練習方法や
粒高の弱点をついて勝つ方法について
書いていきたいと思います。

粒高の選手と試合をした時凡ミスが多くなって
本来の実力を出せないまま終わってしまった…

なんて経験を持っている方も多いと思いますが、
粒高の特性や弱点を理解していれば
多少戦いやすくなると思います^^

 

 

粒高対策に効果的な練習方法

 

 

粒高の相手になるととたんに凡ミスが増えてしまう…

というタイプの選手に共通しているのが
普段粒高の選手と練習していないということになります。

普段は裏ソフトラバー同士で練習しているので
裏ソフトラバーのボールには慣れているけど
粒高の変化するボールには慣れておらず、
ミスを連発ということになってしまうんですね(^_^;)

 

なので、粒高対策を本気でしていくのであれば、
粒高の相手と積極的に練習するしかありません。

 

もし、粒高の選手が周りにいないのであれば、
誰かに粒高を使ってもらって練習相手になってもらい、
自分も粒高を使って練習相手をしてあげる
という感じで粒高慣れをできるようにしましょう。

 

 

あと、粒高の変化の仕方の基本が分かっているかどうかも
粒高攻略に必要なので書いておきたいのですが、
粒高は回転が反転して返って来るということを頭の中にいれておきましょう。

 

なので、ドライブを粒高でブロックされた場合は
下回転のボールになって返ってきますし、
自分がツッツキをしたボールを粒高でプッシュされた場合は
上回転のボールになって返ってきます。

 

ただ、そうはいっても毎回同じ回転量で返ってくるわけではない
というのが粒高の嫌らしいところなので、
普段から実際の粒高の相手と練習して
粒高慣れをしていくことが大切です。

(大事なことなので2回いいました^^)

例えば、同じ回転量のドライブでも
きれた下回転で返ってきたり、
ナックルで返ってきたりするということです。

 

 

で、この粒高の変化は実際に粒高の選手と打って
変化の仕方が読めるようになるしかないので
いろいろと粒高対策の練習方法はあると思うんですが、
粒高の選手ととにかく練習するというのが
なんだかんだいって粒高対策に最も
効果的な練習方法なのではないかと思います。

 

なので、もし、粒高が苦手と感じているのであれば、
積極的に粒高の選手と練習するようにしてみてください^^

 

粒高の弱点をついて勝つ方法

 

 

粒高は相手のボールの回転や威力利用することで
大きな変化をつけたボールを出すことができるのですが、
逆にいうと回転がなかったり弱いボールだったりすると
逆に返しづらいという弱点があります。

ナックルや弱いボールは粒高の長所である
変化をつけた返球がしづらいため
甘い返球になって攻められやすくなってしまったり、
ネットに引っかかってミスになってしまったり
ということが起こりやすくなります。

 

なので、粒高選手が相手の場合は
サーブやドライブ、つなぎのボールを入れる時
ナックル気味のボールを使っていくと
返球がミスにしてくれたり、
甘くなったりすることがかなり増えるかと思います。

 

ただ、ナックルにしたことがバレないように
うま~くカモフラージュすることがポイントですけどね^^

切ったようにみせかけて切ってないとか、
回転をかけたドライブのように見せかけて
ナックルドライブという感じで打つことができると
粒高の合わせ方がずれてミスしてくれやすくなります。

 

 

また、あえて粒高の変化の特徴を利用して
粒高を攻略するのも1つの方法です。

 

例えば、粒高にロングサーブを出すと
9割方カット性のショートでレシーブされるんですが、

つまり、ロングサーブを出したら粒高が
返せるボールのパターンはほぼ決まっているので
そのカット性ショートのボールを狙って
3球目攻撃するという感じで
相手の対処を予測して攻めるというふうに
するのも有効だと思います。

 

 

このように、粒高の弱点をついたり、
粒高の性質を逆手に取った
戦術をうまく駆使することができれば
粒高の選手と戦いやすくなるかと思います。

 

 

あと、粒高の選手に対して強いドライブやスマッシュを
打つ時はできるだけ体から遠いコースを狙うようにしましょう。

強いボールを体の近くに打ってしまうと、
粒高の面を合わせて当てるだけで
変化量が多いボールを返さてしまうので
できるだけラケットの角度が合わされづらいところを
狙うことが大切です。

 

 

まとめ

 

ということで、今回は粒高対策に効果的な
練習方法や粒高の弱点をついて勝つ方法について
書いてみました。

粒高が苦手と感じている人のほとんどは
普段粒高の選手と打つ機会がない人だと思うので、
普段から積極的に粒高の選手と打つようにして
粒高の変化に慣れておくようにすると
粒高に対する苦手意識がかなり減ってくるのではないかと思います。

 

また、粒高の選手と試合する場合は
できるだけ粒高が返しづらく変化しにくい
ナックル系のボールを使うようにすると
粒高の変化に苦しめられるということを
減らすことができますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください