ツッツキが切れるラバーの法則!ツッツキが切れないのはラバーが関係しているかも

どうも、卓球好きしゃちょ~です^^

 

今回は…

 

「ツッツキが切れるラバーの法則」

をみなさんにシェアしていきたいと思います!

 

 

ツッツキの回転量が少ないと
チャンスボールになってしまい、
一発で抜かれてしまう…

ということが起こりがちですが、

 

 

ツッツキがブツッと切れていると
一発で抜かれるようなドライブを打たれてしまう

 

ということが減るので、

 

 

ツッツキが切れるかどうかは
割りと大きな問題です。

 

 

で、ツッツキが切れる切れないに
大きく影響してくるのが

 

「ラバー」

 

なんですが、

 

 

実は、ツッツキが切れるラバーって
法則があるんですよね^^

 

 

 

なので、あなたが

もしツッツキが切れないと悩んでいるのであれば、

 

 

それは技術的な問題ではなく、

 

使っているラバーが原因で
ツッツキが切りづらく
なってしまっている…

 

 

という可能性もあります。

 

 

なので、ツッツキが切れるラバーを探しているなら

 

ツッツキが切れるラバーを選ばなければなりません!

 

 

では、どんなラバーがツッツキが切れるのか
また切りやすい傾向があるのか

ということを見ていきましょう。

 

 

ツッツキが切れるラバーの法則

 

 

ツッツキが切れるラバーは
3つの特徴があります。

 

 

 

それは…

 

  1. シートの引っかかりが強い
  2. スポンジが硬い
  3. スポンジが薄い

 

という特徴です!

 

 

 

なので、

 

 

ツッツキが切れないという場合は
この3つのポイントを満たしているラバーか
どうかチェックしてみてほしいのですが、

 

 

もし、シートの引っかかりが弱かったり、
スポンジが柔らかかったり、厚いものを
使っている場合は、

 

 

どれか1つでもこの法則に合わせるようにするだけで

だいぶ、ツッツキの回転量が違ってくると思います^^

 

 

 

全体的な扱いやすさというのは
柔らかいラバーの方があるので

 

柔らかいラバーから卓球をスタートする

 

 

という人が多いのですが、

 

 

柔らかいラバーだとどうしても
回転の切れ味が悪くなってしまうので

 

 

ツッツキを切ったり、

 

サーブに回転をかけたり

 

 

ということが
硬く引っかかりの良いラバーに比べると
難しい傾向があります。

 

 

ラバーは柔らかくなればなるほど

 

ガツッと

 

 

引っかかる感じが失われていき、

 

回転をかけにくくなってしまうので、

 

 

ツッツキが切れないという場合であれば、

回転が切りやすい

 

  1. シートの引っかかりが強い
  2. スポンジが硬い
  3. スポンジが薄い

 

この3つの特徴を持ったラバーを
使うようにすると良いと思います。

 

 

 

で、少し補足すると、

 

 

シートの引っかかりが強いラバーは

 

  • スピン系テンションラバー
  • 粘着ラバー
  • 高弾性高摩擦ラバー

 

が当てはまります。

 

 

で、スポンジが硬いかどうかですが、

これはメーカーによって
スポンジの硬度数値の基準が違うのですが、

 

ドイツ製テンションラバーであれば40°以上

日本製ラバーであれば35°以上

 

のラバーを選ぶようにしてみてください。

 

 

 

そして、スポンジの薄さなんですが、

 

 

これはテンションラバーや高弾性ラバーであれば

 

 

厚か中が無難なところですね^^

 

 

 

たまにスポンジが極薄というラバーもあって

 

かなり回転を切りやすいのですが、

 

 

極薄ラバーでなくても
ツッツキが切れるラバーがたくさんあるので、

 

無理に極薄ラバーを使う必要はないですね^^

 

 

・極薄ラバーのメリットとデメリット

 

 

あと、言い忘れていたんですが、

粘着ラバーで最も有名なキョウヒョウは
特厚しかありません!

 

 

でも、キョウヒョウはシートの引っかかりがよく
スポンジがカチカチに硬いので
非常に回転がかけやすいです。

 

 

で、スポンジの厚さがあることで
強打した時の威力は
テンションラバーおも上回る感じになります。

 

 

 

ということで、

 

今回はツッツキ切れるラバーの法則でした^^

 

 

 

少しでもみなさんのお役に立てれば幸いです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください