【卓球初心者講座】ツッツキの打ち方!回転を切る感覚を掴むコツ

どうも、卓球好きしゃちょ~です^^

今回はツッツキの打ち方について
書いていきたいと思うんですが、

ツッツキって地味なようですが、
試合で必ず使うとても重要な技術です。

ドライブは覚えるまでにかなり
時間が必要になる場合が多いですが、

ツッツキはそこまで時間がかからず
習得しやすいので

まずはツッツキから覚えていく

というのが

自然な流れだと思うのですが

基本的なツッツキの打ち方や
ツッツキの回転を切る感覚を掴むコツは

初心者のうちはなかなか掴めないで
苦戦してしまうところでもあるので

今回はツッツキの打ち方について
シェアしていきたいと思います^^

スポンサーリンク

【卓球初心者講座】ツッツキの打ち方

ツッツキはボールに対して下回転をかけて
レシーブする卓球の技術です。

フォアのツッツキとバックのツッツキ

両方がうまくできるようになると
レシーブが安定するので
試合で勝ちやすくなります。

なので、ツッツキがうまく出来ない…

となると試合で安定して勝つのが
難しくなってしまいます。

もし、ツッツキがまだ上手く出来ない
という場合は、

ここからツッツキの打ち方を
解説していくので参考にしてみてください。

■フォアツッツキの打ち方

フォアツッツキをする時は

ラケットの角度を45°くらいにし

肘から入るように
ボールをツッツキします。

フォアツッツキがうまくできない人で多いのが

手首で無理やりボールに回転をかけよう

としてしまう打ち方なんですが、

これだと、ラケットの角度が安定しづらく

また、インパクトもあやふやになりやすいので
安定したツッツキができません。

なので、肘を支点にし
肘下を使ってスイングするようにして
ツッツキをしましょう。

■バックツッツキの打ち方

バックツッツキをする時は

こちらも肘を支点にして
ツッツキをしていくんですが、

ラケットの角度を45°にして
体の胸の当たりに構えたら

肘下を前に押し出すようにスイングして
ボールをツッツキします。

バックツッツキの悪い例でありがちなのが
大きなスイングでツッツキをしてしまう

という打ち方なんですが、

コンパクトにスイングした方が
バックツッツキが安定するので

なるべくコンパクトにスイングする事を心がけてみてください。

また、ボールを捉える際は

体の位置をボールの後ろに回り込むようにし、
体に近い位置でボールを打球すると
バックツッツキが安定しやすくなります。

・【卓球】ツッツキのコツ動画

ツッツキの回転を切る感覚を掴むコツ

ツッツキの基本的な打ち方は
割りとシンプルなので

比較的すぐにツッツキが出来るようになるのですが…

ツッツキは奥深い部分があって、

それは、

ツッツキを切る感覚を発達させることで

ツッツキの回転量を増やすことができる

ということなんですね^^

ツッツキの回転を切る感覚が発達してくると
ツッツキの回転量だけで
相手をミスらせるということも
出来たりするので、

ツッツキを守備的な技術としてではなく

攻撃的な技術にすることもできるんです!

で、どうしたらツッツキの回転を切る感覚を
身につけられるのかということなんですが…

下回転サーブの練習をして
かけられる回転量を増やしていく

というふうにして

回転をかける感覚を養うのがおすすめです。

え?

ツッツキしないの?

と思う人もいるかもしれませんが、
回転をかける感覚を養おうとする場合

最も効果的なのが
下回転サーブの練習になります。

下回転サーブは回転が切れるようになればなるほど、

台でバウンドしてから自分の方に
ボールが戻ってくるようになるので

どれくらいボールに回転がかかったのか
一目でチェックすることができますし、

台がなくてもラケットとボールがあって
ある程度のスペースがあれば
練習することができるので、

回転をかける感覚を身につける場合は
割りと有効な練習です^^

・サーブに回転をかける感覚を身につける練習方法

あと、初心者の方で回転をかける感覚が
まだ発達してきていないという場合は、

回転がかけやすいラバーを使うようにすると
より速く回転をかける感覚を
発達させていくことができますね。

回転をかける感覚を練習するなら
テンション系ラバーを使うよりも
粘着ラバーがおすすめです。

粘着ラバーを使うとテンションラバーを使う何倍も
勝手に回転がかかってくれますし、
ラバーにボールが引っかかる感覚が
かなりはっきりとしているので

粘着ラバーは

「回転を切る」

という卓球に欠かせない感覚を
覚えやすいラバーだと思います。

・ツッツキが切れるラバーの法則

で、下回転がかけられるようになってくれば
回転をかける感覚がかなり発達しているはずなので、

ツッツキをした時にその感覚で切ってみてください^^

すると、ブツッと切れたツッツキができると思います。

あと、ツッツキの回転量を増やす時は
まっすぐラケットにボールを当たるのではなく

ボールを巻き込むように打つと
回転量を増やすことができるので、
やってみてください^^

というわけで、今回はツッツキの打ち方と
ツッツキに回転をかける感覚を覚えるコツ

についてでした。

少しでも参考になれば嬉しいです^^

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク