ツッツキ打ちで下回転のボールをループ&スピードドライブするコツ

どうも、卓球好きしゃちょ~です^^

ツッツキされたボールをフォアハンドで
ドライブをかけられるようになるのは
攻撃な卓球の基本中の基本ですが、
ツッツキ打ちのドライブが安定せずに
悩んでいるという方も多いのではないでしょうか?

ということで、今回はツッツキをドライブで
打つためのポイントを
みなさんにシェアしていきたいと思います。


スポンサーリンク




 


スポンサーリンク




ツッツキ打ちのコツ!下回転のボールをドライブ攻撃するポイント

ツッツキされたボールは下回転が
かかっているので、
普通にドライブしてしまうと
落ちてネットにかかってしまうので、

ツッツキに対してドライブ攻撃する場合は
いくつかコツがあります。

で、ツッツキ打ちをする時は
決めに行くスピード系ドライブをするか
つなぎのループ系ドライブをするか
という2パターンがあるのですが、

これからツッツキ打ちを練習していく
というのであれば最初はつなぎの
ループ系のドライブから練習すると良いと思います。

というわけでツッツキ打ちのコツについてご紹介してきます。

■つなぎのループ系ドライブでツッツキ打ちするコツ

ツッツキされたボールをループドライブする場合は、

膝を曲げて体の高さを落とすように溜めを作り、

ラケットの面をやや開き気味にして
ボールの打球点を落としすぎないようにし、

作っていた溜めのパワーを利用し、
ラケットをエッジ方向にスイングし
ボールを擦るように打球します。

ボールを上方向に擦るように打球すると
ボールに強い上回転がかるので、
打った時にドライブの弧線が上がって
ツッツキを持ち上げり
安定したツッツキ打ちをすることができます。

ただ、ループドライブだと
ボールのスピードがゆっくりなので

コースが甘くなったり、
弧線が高くなり過ぎてしまうと
相手にカウンターされてしまう事も多いです。

なので、ツッツキをループドライブする場合は、
できるだけ厳しいコースを狙うようにしたり、
思いっきり回転をかけるようにしたりして
カウンターされないように工夫しましょう。

・ツッツキ打ちのコツ【動画】

■決めに行くスピード系ドライブでツッツキ打ちするコツ

ツッツキをスピードドライブでツッツキ打ちして
一発で抜き去ってしまえるのは
かなり理想的な展開ですよね^^

実際ループドライブでつないでしまうと、
ずるずると長い展開になってしまい

せっかく先手を取ったのに

相手に盛り返されてしまう
ということが起こったりするので、

打てるのであれば威力のある
スピードドライブで
ツッツキを仕留めていきたいところです。

ただ、ツッツキをスピードドライブする場合

ループドライブに比べて
ミスする確率も高くなってしまうので
しっかりとポイントをおさえて
スピードドライブするようにしましょう。

ツッツキをスピードドライブする場合も
膝を曲げて溜めを作るのですが、
打つ時にボールを擦るのではなく
ボールを弾きながら擦るという感覚で打ちます。

擦るだけだとボールに回転はかかりますが、
威力がでなくなってしまうので、

スピードドライブを打つ場合は
打球時に弾く感覚を混ぜて打球します。

で、スピードドライブの場合は溜めとスイングを
後ろから前に持っていくのがポイントです。

ループドライブの場合は下から上に体重移動し
スイングをしていくんですが、

スピードドライブを打つ場合は

気持ち後ろに溜めを作って
前に力をぶつける感じで打ってみてください。

すると、威力のある
ドライブを打つことができるので
一発で相手を抜き去ってしまう
という感じのスピードドライブが打てます。

・ツッツキ打ち(スピードドライブ)【動画】

まとめ

ドライブでツッツキ打ちをする場合は、
しっかりと溜めをつくって
ボールの弧線がネットを越えるように
打つことが何よりも大切です。

で、ループ系のドライブでツッツキ打ちする場合は
下から上方向に体重移動とスイングを行うようにし、

スピード系ドライブでツッツキ打ちする場合は
後ろから前方向に体重移動とスイングを
するようにしてみてください。

ループ系ドライブとスピード系ドライブ

両方を使い分けてツッツキ打ち
することができるようになると、

かなりツッツキを攻めやすくなるので、
もしよければ参考にしてみてください^^

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする