張継科ALCのレビュー!太めのグリップが威力とスピードに貢献してます

どうも、卓球好きしゃちょ~です^^

 

 

 

前回は、

 

 

 

張継科ALCとビスカリアの違い
について書いたんですが、

 

 

 

今回は、
張継科ALCだけにフォーカスを当てて
レビュー記事を書いていきますね^^

 

 

 

なので、
まだ前回の記事を見ていないという方は
前回の比較記事の方も見ていただくと
良いかもしれません。

 

 

張継科ALCの外観

 

 

まずは、軽く張継科ALCの外観を見ていきたいと思います。

 

 

 

外箱はアリレートカーボン模様で、
非常に高級感がある雰囲気^^

 

 

 

 

外箱を取ってみると、
内箱は完全にゴールドで
かなり眩しい感じです(笑)

 

 

 

 

ラケットを取り出してみると…

 

 

 

 

かなりシックな感じのグリップデザインですが、
プレートがゴールドになっているので、
これまた高級感がある感じです。

 

 

 

 

張継科ALCレビュー!太めのグリップが威力とスピードに貢献してます

 

 

では、

 

 

早速張継科ALCのレビューを
書いていきたいと思うんですが…

 

 

 

張継科ALCはビスカリアと同じラケットです。

 

 

 

もっというと、
ティモボルALCや松平健太ALCとも
ブレードの材質は一緒です。
(グリップの形やデザインは違いますが)

 

 

 

 

なので、

 

 

 

張継科ALCはバタフライの
アリレートカーボンラケットの
黄金比ラケットということになるんですが、
中でも太めのグリップが採用されたモデル
が張継科ALCということになりますね。

 

 

 

 

つまり、
ラケットの性能の高さという点については
特にいうことはないという感じなんですね。

 

 

 

 

で、

 

 

 

張継科ALCはグリップがスゴイんですが…

 

 

 

グリップが太めにも関わらず
手首が使いやすいというラケットなんですね!!

 

 

 

なので、
威力のあるボールが打ちやすいだけでなく、
バックハンドや細かな角度なんかも
出しやすく非常にバランスが取れたラケットなんです(*^^*)

 

 

 

 

基本的にグリップは太ければ太いほど
手の隙間がなく握ることができ、
手首がグラつきにくくなるため
フォアの威力が出やすくなるんですが、

 

 

その分手首が使いづらくなってしまうため
バックハンドが打ちづらくなってしまったり、
細かいラケットの角度を調整することが
難しくなってしまうというデメリットもあります。

 

 

 

 

これまで私も太めのグリップを愛用していたんですが、
張継科ALCを使い始めてからは、

 

 

STだとフォアの威力は出せるけれど、
切り返しがしづらいし、
バックハンドが打ちづらいし、
細かなラケットの角度を作りづらいと感じた
次第だったので張継科ALCに
乗り換えたという感じです(^_^;)

 

 

 

なので、フォアとバックをバランス良く
使いたいという方で、
なおかつ威力も欲しいという方には
張継科ALCはピッタリだと思います^^

 

 

 

逆にバックをあまり使わず
フォアでガンガン攻めるという感じであれば、
STグリップがおすすめですね。

 

 

 

と少し、話がそれてしまったんですが、

 

 

 

張継科ALCのグリップは太めでありながら、
手首が使いやすいという絶妙なグリップになっているので、
やりづらい技術というのが少ないと思いますし、
手首が柔軟に使える割にボールにパワーを
しっかりと伝えやすいというラケットだと感じました。

 

 

 

 

なので、FLは手首がグラグラするから苦手
という人にも一度は使ってみて欲しいと思います(笑)

 

 

 

 

張継科ALCに変えた途端に
バックハンドの威力が急激に
アップする可能性がありますからね(⌒▽⌒)

 

・【バタフライ】張継科ALC

 

 

 

ただ、張継科ALCは完全にアウター素材の
ラケットになりますので、

 

 

純木材ラケットに慣れている人が
いきなり移行するのは
打球感が違い過ぎるので注意が必要です。

 

 

 

必要ですが、

 

 

アリレートカーボンラケットは
アウターでも比較的使いやすい
部類に入りますので、
試してみるというのはアリだと思います^^

 

 

まとめ

 

 

今回は、張継科ALCのレビューを
書いてみたんですがいかがだったでしょうか?

 

 

 

以前にビスカリアを使った時は、
バックハンドは振りやすいけど、
フォアが振りづらいと感じていたんですが、

 

 

 

今回は改めて使ってみたら
バックもフォアも振りやすく
やりづらい技術がないと感じてしまい、
すっかり惚れ込んでしまいました(^_^;)

 

 

 

なので、
今後は張継科ALCをじっくり
使い込んでいきたいと思いましたね(笑)

 

 

 

ということで、
この記事が何かの参考になれば嬉しいです(^^)/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください