ヴェガチャイナ(VEGA CHINA)試打レビュー!評価が難しいラバーですね

どうも、卓球好きしゃちょ~です^^

 

 

今日はXIOM(エクシオン)の
ヴェガシリーズから
「ヴェガチャイナ(VEGA CHINA)」を
試打してみたので、
レビューを書いていきたいと思います!

 

 

ヴェガチャイナはドイツ製の
粘着テンションラバーということで、

 

 

ちょっと想像がつかないのですが…

 

 

そこが楽しみなラバーでもありますね(笑)

 

 

ヴェガチャイナ(VEGA CHINA)試打レビュー

 

というわけで、

まずはヴェガチャイナの外観を
見ていきますと…

 

 

シートはかなりテカテカ系ですね^^

 

 

粘着テンションラバーといえば!
という感じのテカテカシートですが、

 

ヤサカの輝龍や翔龍もこんな感じの
イメージのシートでした。

 

 

で、少しロゴの部分をアップしてみると…

 

 

「VEGA CHINA VM」って書いてあります。

 

ん?

 

「VM」って何だ?

 

 

 

ということで調べてみると…

 

 

実はヴェガチャイナには2種類のタイプがあるようで、

 

 

 

今回試打する「VM」はシートの粘着力が中粘、
つまり微粘着系のシートということになるようです。

 

 

 

ちなみに、

もう1つは「VH」で高粘、
つまり強粘着系のシートが搭載されているのですが、
VHは日本では販売されていないようでした。

 

 

 

で、

スポンジの部分を拝見してみると…

 

 

シートの粒がかなり低く、
スポンジは気泡がほとんどなく
構造的にはいかにも粘着ラバーという感じなんですが…

 

 

指で押すと、

そこまでカチカチとしたスポンジではなく
割りと弾力がある感じのスポンジなんですね~

 

 

ヴェガシリーズはスポンジがかなり
弾力がある感じで好印象だったんですが、
それはヴェガチャイナにも
しっかりと反映されているようです。

 

 

 

 

では、早速試打していきましょう。

 

 

 

まず、軽くフォア打ちしてみると…

 

 

パチパチというかペチペチという
粘着ラバーの打球感が強いんですが、
思ったよりも打球感が硬くないですね。

 

 

で、

ボールの飛び方が非常に直線的かつ
低い弾道で入っていきます。

 

 

 

粘着テンションって

割りと弧線が高い感じで
入っていくようなイメージを
勝手に持っていたんですが、

 

 

 

ヴェガチャイナはかなり低くボールが飛んでいきます。

 

 

 

なので、

なんだろう

 

 

自分がイメージした通りの
気持ちが良いボールが飛んでくれる系の
ラバーではありませんね(笑)

 

 

 

逆にいうと、

 

自分でも予測ができないような
ボールが勝手に出てくれるようなラバーなので…

 

 

かなりやりづらいと思われるような
ボールが出せるラバーですね(^^)/

 

 

 

 

実際ヴェガチャイナでドライブを打ってみると、

 

 

ボールの飛び方がかなりまちまちな感じでして…

 

回転がかかっていたり、
かかっていなかったり

飛んだり飛ばなかったり…

 

と、

かなりムラがある感じなんですよね(;・∀・)

 

 

 

で、打った感じは、

シートにガツッとボールが
引っかかる感じはあまりなくて、

かなりモワモワした感じで

表現するのが難しいんですが、

 

ウレタンでボールを打っているような
感じの打球感なので、

 

自分でもどんなボールを打ったのか
手に伝わる感覚からは分からない

という感じでした。

 

 

 

なので、

自分では同じように打っているつもりでも
ラバーの方で勝手にいろんな変化を
つけてくれているという感じのラバーなので…

 

ヴェガチャイナはかなり好き嫌いが
分かれてしまう可能性がありそうですね^^

 

 

 

 

あと、

 

ヴェガチャイナはテンションが入っている

 

といっても粘着ラバーよりなので、

自分でしっかり力を加えて打たないと
良いボールが入ってくれませんでした。

 

 

輝龍や翔龍のような粘着テンションラバーだと
パワーがなくてもボールのスピードが出しやすい感があるんですが、

 

ヴェガチャイナは自分でしっかり
力を加えて打たないと
良いボールが出てくれないので、
パワーがある人でないと
使いこなすのが難しいかもしれません。

 

 

まとめ

 

 

今回はヴェガチャイナのレビューを
書いてみたんですが、

 

ヴェガチャイナってかなり不思議系のラバーですね^^

 

 

とにかく、

勝手に癖玉が出るような感じなので、

扱いやすさというのは
かなり低いと思うんですが…

 

その分相手もやりづらいと思ってくれるので

 

トータルすると、

そこそこ良い感じになるという感じですね。

 

 

サクッと使いこなせるラバーではないんですが、
そういったラバーの方が使いこなせるようになると
メリットがたくさんありますし、

自分独自のプレースタイルを作りやすくなるので、

ヴェガチャイナは可能性を秘めたラバーだと思いました。

 

 

もしよければ参考にしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください