ヴェガプロ試打レビュー!バックと相性が良いスピン系テンションラバー

どうも、卓球好きしゃちょ~です^^

今回はXIOM(エクシオン)のラバー
「ヴェガプロ(VEGA PRO)」を試打してみたので
そのレビューを書いていきたいと思います。

ヴェガプロは
「硬めのスポンジにスピン重視の硬いトップシートが
組み合わされたハードヒッター向けラバー」となっていますが、
実際のところはどうなのでしょうか?

 

 

ヴェガプロ試打レビュー!バックと相性が良いスピン系テンションラバー

 

ヴェガプロのトップシートは光沢感があり
いかにも引っかかりが強そうな感じで、
ファスターク系と似ている気がしましたが、
ヴェガプロのスポンジは…

真っ黒!

イカスミを練り込んだんではないか
というくらいの黒さですね(笑)

で、外観は気泡が細かく密に詰まっているような感じのスポンジで
硬度は47.5±3度ということなので、
V>15エキストラやファスタークなどの
ドイツ系スピン系テンションラバーが採用している
標準的な硬度のスポンジのようです。

 

では、早速試打スタート!

 

ラケットで玉突きをしてみると結構弾む感じで
弾む時にスピン系ラバー特有の「ペチペチ」音が鳴りますね^^

 

で、フォア打ちやバック打ちをしてみると
普通に弾むのでドライブもテンションラバー並に
早いボールが出るのような気がしたんですが、

ドライブを打ってみると、
弧線がかなり高く出てくれますが、
ボールのスピードと飛距離は
そこまで出ない印象でした。

ただ、しっかりインパクトするとスピードのある
ドライブを打つことができますね。

 

この感じ何か似てるラバーがあったなぁと思ったんですが
「ラクザ7」ですね!

 

ラクザ7も弱いインパクトだとボールが飛ばないんですが、
しっかり力を込めてボールを打てば打つほどスピードが出せるラバーなんですが、
ヴェガプロもそんな感じのラバーです。

例えるならば、10段階中5の力で打てば5のボールが出て
8で打てば8のボールが出るというイメージです。
(絶対的なスピードは高価なラバーと比べるとやや遅いですが)

 

なので、ラクザ7を粘着ラバーに近い感じのラバーと
表現した記憶があるんですが、
ヴェガプロも粘着ラバーに近い感覚があるので
スピン系テンションではなく粘着テンションラバーと
表現しても良いかもしれません。

 

で、バック面に切り替えてヴェガプロを使ってみたんですが、
これが思いの外非常に使いやすかったですね^^

スピン系テンションラバーというと
フォアと相性が良いという勝手なイメージがあったんですが、
ヴェガプロでバックをを打ってみると
ボールを捉える感覚がハッキリしていて
バックドライブがとてもかけやすかったですし、
弾みすぎないのでブロックやカウンターなどが
とても安定してオートマチックに返ってくれる感覚でした。

 

なので、個人的にヴェガプロはバックに使いやすいラバーでしたね。

 

また、ヴェガプロはインパクトを強くしないと
そこまで弾まないラバーなので、
短く止めるストップがやりやすかったり、
あとフリックやチキータなどの台上技術を
思いっきり打ってもオーバーミスが出にくいと感じました。

一方、ツッツキをするときはしっかり
インパクトしてボールを押し出すようにしないと
ネットまで届かずネットミスしてしまうことがありましたし、
フォアにヴェガプロを貼るとなると
それなりにパワーがある選手でないと
速いボールが出しにくく
カウンターされやすくなってしまうと感じました。

 

なので、パワーがある人はヴェガプロをフォアに貼って
ガンガンパワードライブをしていくというような使い方で
パワーにそれほど自信があるわけではない人は
バック面に貼って安定重視のプレーをしていく
というような使い分けをすると良いかもしれません。

 

ただ、ヴェガプロはテナジーと比べると
半額くらいの値段というのはスゴイですね(^_^;)
正直この値段でこの性能はかなりイケてる感じなので
コスパはかなり高いラバーだと思います!!

【XIOM】ヴェガプロ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください