ヴェンタススピード試打レビュー!この値段でこの性能は名作の予感!

どうも、卓球好きしゃちょ~です。

今回は、前回に引き続き、
ヴェンタスシリーズの中から、
ヴェンタススピードの試打レビューについて
シェアしていきたいと思います。

と、その前にちょっと余談で、
バタフライとかニッタクとか
ビクタスのようなメーカーの
ラバーを使っている人って
どこに行っても見かけると思うんですが、

TSPのラバーを使っている人って
個人的には時々しか見かけない…
っていう印象がありました。

実際、自分自身今までTSPのラバーは、
ちょっとイメージがつかめてなかったので、
積極的に使おうと思った事は
そんなになかったような気がします。

ですが、最近ヴェンタスシリーズの
ラバーを試打していく中で、
「かなりコスパ良くて性能も高い
シリーズなのでは?」と、
思い始めていたので最近は
ヴェンタスシリーズのラバーを打ち込んで、
どれくらいのレベルなのかを探っていたんですが、
ヴェンタススピードを試打してみて、
改めてこのシリーズのヤバさを体感しました。

ヴェンタススピード試打レビュー!この値段でこの性能は名作の予感

 

というわけで、ヴェンタススピードです。

今回は、まず改めて、
ヴェンタススピードの値段から確認しておきます。

卓球 ラバー 初心者 中級者 上級者 卓球ラバー TSP ティーエスピー ヴェンタス スピード aba0104 ネコポス便送料無料

価格:3,360円
(2019/10/9 16:19時点)

大体、3,000ちょっとで手に入ります。

新しいか古いかだけで単純に比較する
というのはちょっと無茶かもしれませんが、
今の卓球業界のラバーの価格から考えると
かなり手頃な価格帯のラバーです。

卓球が職業のプロ選手であれば、
惜しみなく高いラバーを使えるのだと思いますが、
私のようなライトなプレーヤーだったり、
高いラバーを買うのが難しい学生だったりだと、
買いやすくて性能に不満を感じる事少なくて
ガンガン使えるラバーの方を求めている
という事も少なくないと思います。

こんな感じで、
いろいろとモヤモヤしている感じだったんですが、
ヴェンタススピードを使ってみて、
そのモヤモヤが割と解消されたんですね。

では、ヴェンタススピードについて見ていきましょう。

【J-GコンビとORCによる回転性能を搭載。
さらにスピードアップした新時代テンションラバー】

日本の繊細な開発ノウハウと、ドイツのハイテクノロジーを駆使した生産技術が合体したJ-GCombi(Japan-Germany combination)。また新しい開発コンセプトであるORC(Optimized Rotation Concept)を開発段階で組み込むことで、コントロール性能を重視したトップシートはボールをしっかりとつかみ、やや硬質なスポンジを組み合わせることで打球にスピードを与えた。打球したボールは安定した弧線を描きながら確実に台をとらえ、かつ威力あるボールを作り出す。

やや硬めのトップシートを採用する事によって、
スピードが出しやすいラバーに仕上がっている
という事なんですが、
実際にシートを見てみると…

かなり、きれいなシートです。
やや透明感があるという感じで
一見スピード系ラバーのシートに見えますが、
若干曇り感もあって回転もしっかりと
かかりそうな雰囲気があります。

スポンジはオレンジ色のスポンジです。

ちょっとアップにしてみると…

ヴェンタススピードもしっかりと
独立気泡がたくさん入った
スポンジとなっていて
期待を裏切らないシリーズです。

 

では、早速打ち込んでいきます。

まず、軽くフォア打ちしてみると、
ボールはやや直線的に飛んでいき、
球離れも速く感じますが、
ボールがシートにしっかり引っかかっている感覚があり、
安定して打てるといった印象です。

スピード系ラバーというと、
速いけれど回転が乗らないというふうに
なってしまうラバーが多いですが、
ヴェンタススピードはそうした
アンバランスさはありません。

 

続いてドライブを打ってみると…

ヤバい普通に速い…

良いボール入るな~って感じです。

しっかり振り切れれば、
高価格帯のラバーで打った時と同じような
ドライブを打つ事ができます!

高価格帯のラバーによくあるような
軽く打ってもラバーがアシストしてくれて、
打球点を早くしても威力あるボールが打てる
という事にはなりませんが、
ボールを引きつけてドライブすれば、
とても3,000円台のラバーとは思えないほど
スピードも回転もあるドライブが出ます。

シートがやや硬いので、
強く打てば打つほど良いボールになる…
という感覚はあったので、
しっかり振り切れる人でないと、
という感じはありますが、
引っかかりも食い込みも良いので、
よほど初心者でなければ大丈夫だと思います。

ヴェンタススピンはかなり
柔らかい感じですし、
柔らかいヴェンタスソフトもあるので、
初心者の方であればこうした
柔らかめのラバーから使い始めると良いでしょう。

 

続いて、サーブレシーブをしていきます。

まず、サーブの回転のかかり具合ですが、
めっちゃかかるというわけではありませんし、
逆にかからないというわけでもなく普通です。

ただ、当てるとボールに
スピードが出しやすいので、
ロングサーブだったり、
ナックルサーブだったりが
打ちやすいと思いました。

ツッツキやストップに関しては、
シートがあまり回転に敏感ではないので、
コントロールがしやすいというか、
当てるだけで割と返ってくれる
安定重視な印象で、
シートの引っかかりが良い方がやりやすい
チキータにはあまり向いていないかもしれません。

割と弾く技術がやりやすいので、
プッシュがしやすいというのがちょっと新鮮。
ペンホルダーの人とかにも合いそうな感じです。

 

速い打点で捉えるカウンターに関しては、
ややシートが負けるというか、
コントロールしにくい感じがあります。

もっと、シートのグリップがあれば
やりやすいとは思うのですが、
ブロックに関しては当てるだけで大丈夫ですし、
しっかりボールを引きつけてから、
打ち返すようにすればコントロールしやすいので、
打点が速くなりすぎないようにするのがコツですね。

 

あと、打球感的な印象でいうと、
打球時のシートの引っかかりが良いですし、
独立気泡のスポンジによる食い込み感もあるので、
結構テナジーとかファスタークG-1に似てると思いました。

確かに、回転量やスピードの上限でいえば、
値段が高いラバーに勝てないのですが、
その差はそこまで大きくないと
感じる人も割といそうなレベルなので、
ヴェンタススピードは1度試してみる価値はあると思います。

卓球 ラバー 初心者 中級者 上級者 卓球ラバー TSP ティーエスピー ヴェンタス スピード aba0104 ネコポス便送料無料

価格:3,360円
(2019/10/9 16:19時点)

まとめ

 

今回は、ヴェンタススピードの
レビューをしましたが
いかがだったでしょうか?

ヴェンタスシリーズはここまでも
割と好印象で、値段が安いのに性能は高い
というなんとも素晴らしいシリーズなので、
使う人が増えていきそうな気がします。

高いラバーがどんどん増えてきていて、
高いラバーを使わないといけないのでは?
そんな雰囲気があるのも事実だと思いますが、
ヴェンタスシリーズがあれば無理して
高いラバーを使わなくても大丈夫と
思えるかもしれません。

ということで、
もしよかったら参考にしてみて下さい^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください