【卓球ラケット】バイオリン試打レビュー!回転量とコントロール性の高さが光る1本

どうも、卓球好きしゃちょ~です^^

名作ラケットのひとつにニッタクの
弦楽器シリーズがあると思うんですが、
今回はその中から「バイオリン」の
試打レビューを書いていきたいと思います。

 

 

【卓球ラケット】バイオリン試打レビュー!回転量とコントロール性の高さが光る1本

 

バイオリンのグリップです^^

木材合板ラケットでありながら
発売当初15,000円(税別)だったのは当時衝撃的でしたが、
今はさらに値上がりしているみたいですね(^_^;)

かなり高級感があるラケットなので
持っているだけで割りと気分が違うラケットではあるんですが、
それにしてもいい値段してます(笑)

 

というわけで、早速バイオリンのレビューを書いていきたいと思います。

 

バイオリンでフォア打ちしてみると、
板全体で打っている独特の打球感があります。

「ボワーン」というような感じで
普通の木材合板ラケットの「ポコン」という
打球感よりも奥深い感じがします。

 

 

で、バイオリンはそこまで弾まないですね。

打ったボールが結構スローな感じで飛んでいきます(^^)

 

なので、正直グルーが使えなくなって
プラボールでバイオリンが使えるかといわれると
打ってみて威力に物足りなさを感じなければ大丈夫
というふうに思うんですが、
バイオリンは板厚が5.3mmと薄めなので
そもそも弾まない作りになっているんですよね~

 

じゃあ、バイオリン威力でなくて使えないじゃん…

と思ってしまうところなんですが、
実はバイオリンは回転のかかりと
コントロール性がかなり高いラケットなんです^^

 

 

ドライブをすると回転量だけで
相手のブロックがオーバーしてしまうレベルの
ドライブが自動的に打てる感じのラケットなので、
回転量とコントロールで
勝負していくというような卓球をする人には
うってつけの1本だと思います!

 

で、個人的におすすめなのがフォアに
テナジー64の厚を貼る組み合わせなんですが、
テナジー64の厚をバイオリンに貼ると
回転が超かかるだけでなく
それなりにスピードも出せるようになるので
バイオリンの長所である回転量はもちろんですが、
スピードを補うことができ
非常にバランスが取れるんですよね~

 

ちなみに、特厚だと回転がかかる感じがぼやけて
弾みすぎてオーバーが増えてしまうと感じたので
厚のテナジー64と組み合わせて
回転量の多いドライブで先手をとって
相手が合わせたところを畳み掛けていく
というような卓球をすると良いと思います。

 

逆にバイオリンに弾まないラバーを合わせてしまうと
かなり使いづらくなってしまうので注意が必要しましょう。

バイオリンには弾んで回転がかかる
スピン系テンションラバーを合わせると
失敗が少ないと思います。

 

あとは、バイオリンは弾みが抑えられている分
ブロックがかなり安定する傾向があります。

相手に強打されてもラケットに当たると
衝撃がしなりによって程よく吸収されて
安定して相手コートに返ってくれて、
しかも、コントロールがしやすいので
ブロックで相手を振り回すなんてことが
簡単に出来てしまうラケットなんですよね~(;・∀・)

いやーこんな闘い方をされたら
絶対に嫌だ~と思うんですが、
そんな闘い方にうってつけのラケットが
バイオリンというわけなんですね~

 

バイオリンは威力を求める人には
弾みが物足りなく感じてしまうラケットになってしまうんですが、
回転量とコントロールで勝負していくという人は
これしかないという感じのラケットになる

というなんとも使い手を選ぶ感じのラケットだと思います(笑)

 

 

というわけで、今回はバイオリンのレビューでした。

少しでも参考になれば嬉しいです^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください