【卓球】横回転系サーブをレシーブするコツ!横回転の返し方の法則とは?

どうも、卓球好きしゃちょ~です^^

 

 

今回は…

 

 

横回転系サーブを上手く
レシーブするには
どうしたら良いのか?

 

 

ということについて
ご紹介していきたいと思うんですが、

 

 

 

横回転サーブを上手く返すことができずに
悩んでいるという方も多いのではないでしょうか?

 

 

純粋な下回転サーブであれば、
面を上に向けてツッツキを
すればOKなんですが

 

 

横回転サーブの場合は下回転と同じように
レシーブしてしまうと
ボールが横回転の影響で
左右に飛んでいってしまいますからね(^_^;)

 

 

 

ただ、そんな横回転サーブも
返し方のコツを覚えてしまえば
比較的簡単に返す事ができるようになりますので、
今回はその方法について
みなさんにシェアしていきたいと思います^^

 

 

 

横回転系サーブをレシーブするコツ!横回転の返し方の法則とは?

 

 

 

横回転系サーブを上手くレシーブするために
最も重要なのは…

 

 

ラケットの角度と面の作り方

 

 

になります^^

 

 

 

例えば、右利き選手の
順横回転サーブに対して
ラケットをまっすぐ当ててしまうと…

 

 

ボールはまっすぐ返らずに
相手のバック側に大きく
飛んでいってしまいますよね。

 

 

 

逆に、右利き選手の逆横回転サーブに対して
ラケットをまっすぐ当ててしまうと、
相手のフォア側にボールが飛んでいってしまいます。

 

 

 

このように…

 

 

 

横回転のボールというのは
普通に当ててしまうと
ボールが左右に飛んでいってしまう
という法則があるわけなんですが、

 

 

 

まずは、

 

この横回転の法則を
しっかり頭の中に入れておくようにしましょう(^^)/

 

 

 

では、どうすれば横回転系サーブを
上手くレシーブすることができるのか?

 

 

 

ということなんですが、

 

 

 

それは、

 

 

  1. 相手のサーブの打球時のインパクトの角度と同じ角度を自分も作る
  2. 横回転の影響でボールが飛んでいってしまう方向と
    レシーブする面のラバー向きを逆にする

 

 

と、横回転を上手く返しやすくなるんですが…

 

 

 

 

例えば、右利きの選手の順横回転サーブを
バック側でレシーブするという場合、

 

 

普通にボールを当ててしまうと
相手のバック側に大きく飛ばしてしまうので
レシーブするラバーの面を
相手のフォア側に向けるようにし、
ラケットの角度は相手がサーブを出す時の
インパクトと同じ角度を出すようにしてレシーブします。

 

 

 

 

 

また、逆回転系サーブをバック側でレシーブする場合は、
普通にレシーブしてしまうと
相手のフォア側に大きく飛ばしてしまうので…

 

 

レシーブする側のラバーの面を
相手のバック側に向けるようにし、
ラケットの角度を相手のサーブの
インパクトと同じように作って
レシーブするようにすると
上手く返球する事ができるようになります^^

 

 

 

 

このように…

 

 

 

横回転のボールの飛び方の法則を理解した上で
相手がサーブに回転をかけた瞬間と
同じ角度を作ることができるようになれば
自然と横回転系サーブに対して
上手く返球することができるようになってくるかと思います。

 

 

 

が、言葉だけだと分かりづらいかもしれないので、
実際に相手に横回転系サーブを出してもらって
レシーブ練習してみると良いですね^^

 

 

 

まとめ

 

 

ということで、

 

 

 

今回は、

 

 

横回転系サーブをレシーブするコツ
についてご紹介しました^^

 

 

 

横回転サーブをうまく返すためには

 

  1. 相手のサーブの打球時のインパクトの角度と同じ角度を自分も作る
  2. 横回転の影響でボールが飛んでいってしまう方向と
    レシーブする面のラバー向きを逆にする

 

ということが重要となるので、
このことをしっかり頭に入れて
横回転のレシーブ練習をしていくと
横回転系サーブを上手く
返すことができるようになると思います(*^_^*)

 

 

 

もしよければ参考にしてみてください(*´∀`*)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください