横上と横下回転サーブを同じ角度とフォームで出す方法!2つの打ち方があります

どうも、卓球好きしゃちょ~です^^

 

 

今回は横回転サーブについてなんですが…

 

 

 

横回転サーブというと、

 

 

横上と横下を使い分けて、
相手のラケットの角度を
狂わせていくというのは
多分誰でもやっているかと思います^^

 

 

 

ただ、普通に横上と横下回転サーブを出してしまうと、

 

 

ラケットの角度が違ってくるので

 

 

相手に回転がバレてしまう
ということになりやすくもあります(;´∀`)

 

 

 

 

そこで、重要になってくるのが、

 

 

同じラケットの角度とフォームで
横上と横下を出し分ける
という技術なんですが…

 

 

 

同じ角度とフォームで横上と横下を
使い分けられるようになれば
相手に回転をかなり読まれづらくなるので、
横回転サーブがこれまで以上に
相手に効くようになります!

 

 

 

 

で、横上と横下を同じラケットの角度と
フォームで出し分けるためには
2つ打ち方があるんです。

 

 

横上と横下回転サーブを同じ角度とフォームで出す方法!2つの打ち方があります

 

 

横上と横下回転をラケットの角度と
切り方で変える打ち方をしてしまうと、

 

 

相手に回転がバレてしまうので

 

 

そこまで効くサーブにはなりづらいですし、

 

 

段々と慣れられてしまうということになりやすいですよね。

 

 

 

そこで、同じラケットの角度とフォームで
横上と横下を出し分けることが重要になってくるんですが、

 

 

 

横上と横下を同じように出し分けるには
2つの打ち方があるので
それについてご紹介していきたいと思います。

 

 

■1:ボールを切る向きだけを変える

 

 

まず、1つ目の打ち方は

 

 

横回転サーブを出す時に
ラケットでボールを切る向きだけを変える
打ち方になるんですが、

 

 

 

まず、ラケットの角度は横上回転を
出す時のように台に対して垂直に構えます。

 

 

 

で、横上回転を出す場合は
そのままボールをラケットの左側から右側に
向かって切るようにするんですが、

(※左利きの人の場合は逆になります)

 

 

この時に、

 

 

ラケットの左下から右上に切るようにすると
横下回転サーブを出すことができるんです!

 

 

 

つまり、ボールをどの向きに切るか変えるようにすれば
同じラケットの角度とフォームで
横上回転と横下回転を出し分けることができてしまうんですね~^^

 

 

 

これが1つ目の打ち方となります。

 

 

■2:ボールを打球する位置を変える

 

 

2つ目の打ち方は

 

 

ボールを打球する位置を変えるやり方になります。

 

 

 

この打ち方の場合はまず横下回転を
出すようにラケットをやや斜めに構え、
インパクトした後にラケットを
自分の体の方にグッと巻き込むようにします。

 

 

で、横下回転を出す場合は普通に
そのままの角度でボールを切り
ラケットを体に巻き込ませるんですが、

 

 

横上回転を出す場合はラケットを巻き込み始めた
当たりでボールに横回転をかけるようにします。

 

 

 

つまり、横下回転を出す場合は、
普通の打球点でインパクトするのに対し、
横上回転を出す場合は、
ややインパクトを遅らせるというイメージになります。

 

 

 

こうすると、同じラケットの角度と
フォームでありながら、
横上回転と横下回転を出し分けることが可能です。

 

 

横下回転と横上回転をより分かりづらくするためのコツ

 

 

というわけで、

 

 

横下回転と横上回転を同じラケットの角度と
フォームで出し分ける2つの打ち方について
ご紹介したんですが、

 

 

さらに相手に分かりづらくするための
コツがいくつかあるのでそれについて
ここからは書いていきたいと思います^^

 

 

 

 

まず、1つ目のコツは、

 

 

スイングスピードを速くする

 

 

ということなんですが、

 

 

 

どれだけ同じフォームと角度で
横下と横上回転を出し分けたとしても
スイングスピードが遅ければ
回転量が少なくなってしまいますし、
相手に回転を見分けられやすくなってしまうので、

 

 

 

出来る限りスイングスピードを速くすることが大切です^^

 

 

 

 

2つ目のコツは、

 

 

フォロースルーを工夫するということなんですが、

 

 

 

サーブを打ち終わった後の
フォロースルーを工夫することで
さらに回転を分かりづらくすることができるので、
同じフォームで横上と横下を使い分けられるようになったら、
フォロースルーも工夫していろいろと
使い分けられるように練習しておきましょう。

 

 

まとめ

 

 

今回は、横下回転と横上回転サーブを
同じラケットの角度とフォームで
打ち分ける方法についてでした^^

 

 

 

相手に回転が読まれづらいサーブを
持っておくようにすると
それだけで試合で取れる点数が増えてくるので、

 

 

回転の読まれづらさ

 

 

という事を意識したサーブ練習を
することはとても重要です(*^_^*)

 

 

 

ということで、
この記事が何かの参考になれば幸いです(^^)/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください